金子修介監督の初小説作品「夏休みなんかいらない」がWEBドラマ化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月20日 > 金子修介監督の初小説作品「夏休みなんかいらない」がWEBドラマ化
メニュー

金子修介監督の初小説作品「夏休みなんかいらない」がWEBドラマ化

2014年7月20日 09:45

映画制作に打ち込む高校生たちの、ひと夏の青春を描く「砂をつかんで立ち上がれ」

映画制作に打ち込む高校生たちの、ひと夏の青春を描く
(C)VAP/金子修介
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 数々のヒット作を手がけてきた映画監督・金子修介の小説を映像化したWEBドラマ「夏休みなんかいらない」が、7月21日から配信される。

同作は、自主制作の映画作りに集まった高校生たちが、夏休みの間に繰り広げる恋を描いた青春群像劇。原作は、「デスノート」「平成ガメラシリーズ」などで知られる金子監督の処女小説で、電子書籍として発売されている。金子監督自ら総監修を務めてドラマ化し、高校生たちの映画作りの場面には、監督自身の映画へのこだわりも反映されているという。

監督には、「デスノート」で助監督を務めた山口晃二と、「砂をつかんで立ち上がれ」「人生サイコウ!」といった作品を手がけてきた若手映像作家の藤澤浩和を起用。「少女は異世界で戦った」「生贄のジレンマ」の加弥乃、ファッション誌「CanCam」専属モデルの池田エライザら、フレッシュなキャスト陣が高校生たちのひと夏の青春を好演している。

YouTubeの「VAPオリジナルチャンネル」で7月21日から配信。毎週月曜日更新。全10話予定。

DEATH NOTE デスノート 【スペシャルプライス版】[DVD] DEATH NOTE デスノート 【スペシャルプライス版】[DVD] 最安価格: ¥2,063 「週刊少年ジャンプ」での連載スタートと同時に圧倒的人気を獲得した、カリスマ・コミック「デスノート」の実写映画化の前編。
DEATH NOTE デスノート the Last name 【スペシャルプライス版】[DVD] DEATH NOTE デスノート the Last name 【スペシャルプライス版】[DVD] 最安価格: ¥2,063 人の死を決定づけるノート“デスノート”。退屈な死神が人間界にノートを落とし、拾ったのは世界に退屈しているエリート大学生、夜神月。「週刊少年ジャンプ」での連載スタートと同時に圧倒的人気を獲得した、カリスマ・コミック「デスノート」の実写映画化の後編。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi