パトリス・ルコントが認めた、メキシコ新星女性監督のデビュー作「マルタのことづけ」公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月20日 > パトリス・ルコントが認めた、メキシコ新星女性監督のデビュー作「マルタのことづけ」公開
メニュー

パトリス・ルコントが認めた、メキシコ新星女性監督のデビュー作「マルタのことづけ」公開

2014年7月20日 07:10

「マルタのことづけ」ポスタービジュアル「マルタのことづけ」

「マルタのことづけ」ポスタービジュアル
[拡大画像]

[映画.com ニュース] メキシコの新星女性監督クラウディア・サント=リュスのデビュー作「マルタのことづけ」の10月公開が決定、ポスタービジュアルがお披露目された。

脚本の段階でメキシコ映画協会のコンペティションを勝ち取り、注目を集めていた本作は、監督の実体験を基に、ある女性の人生を変えた偶然の出会いと永遠の別れを、メキシコの陽光と共に繊細なタッチで軽やかに描く。監督自身が主役のクラウディアに投影されている。

友人も恋人もいないクラウディアは、4人の子どもを持つシングルマザーのマルタと入院中の病院で出会い、退院後、家に招かれる。強烈な個性をもつ子どもたちと、自分を娘のように扱うマルタにクラウディアは戸惑いながらも、居心地の良さを感じ、家族の一員のように時間を過ごしていくが、マルタが不治の病を患っていることを知る。そして子どもたちとクラウディアは、マルタとの別れを少しずつ受け入れはじめ、お互いに結びついていく。

トロント国際映画祭国際批評家連盟賞、ロカルノ国際映画祭YOUTH JURY賞グランプリを受賞したほか、メキシコ・アカデミー賞(アリエル賞)では、作品賞をはじめ7部門にノミネート。パトリス・ルコント監督が審査員長をつとめたヒホン国際映画祭では審査員特別賞を受賞した。撮影は、アニエス・バルダアンドレ・テシネクレール・ドニら名匠の作品に携わってきたアニエス・ゴダールが撮影を担当した。

マルタのことづけ」は10月、シネスイッチ銀座ほか全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi