“映画館ゼロ地域”高知・四万十市で地元発信の映画製作決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月19日 > “映画館ゼロ地域”高知・四万十市で地元発信の映画製作決定!
メニュー

“映画館ゼロ地域”高知・四万十市で地元発信の映画製作決定!

2014年7月19日 08:05

高知・四万十市を舞台に製作が決定!「あらうんど四万十 カールニカーラン」

高知・四万十市を舞台に製作が決定!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 四万十映画祭を運営する四万十映画祭実行委員会が、自然あふれる高知・四万十市を舞台にした地域映画「あらうんど四万十 カールニカーラン」を製作することを、このほど発表した。

四万十市を中心とする幡多地域は、2005年3月に唯一の映画館「中村太陽館」の閉館に伴い、映画館ゼロ地域になった。今では劇場で映画鑑賞したことのない小学生がいるなど、町から映画文化が消えつつあるなか昨年、「映画館がない町で、地元人も観光客も映画関係者も一緒に楽しめる映画祭をやりたい」という地元の声に呼応する形で、第1回四万十おきゃく映画祭が開催された。

同映画祭には奥田瑛二安藤桃子井浦新市川実日子前田司郎樋口真嗣大後寿々花らが参加するなど、大きな盛り上がりを見せた。そして機運は熟した。同映画祭を出発点にし、映画祭事業の一環として、同市を舞台とした映画を今秋に撮影することが決定した。

メガホンをとるのは、同市出身の若手映像作家・松田大佑。高知・土佐市出身で「県庁おもてなし課」などに出演する西村雄正が主人公を演じるほか、大ベテランの山本學、モデルで女優の佐藤康恵、高知市出身でミス・インターナショナル2007日本代表の白田久子らが出演するほか、高知出身の俳優が撮影に駆けつける。

映画は、高校時代に駅伝部の主要メンバーだった晃、タケシ、ヤス、シュンの仲良し4人組が主人公。周囲から一目置かれる存在だったが、気づけば不惑を目前に控え、パッとしない毎日。役者になる夢を諦めて帰郷した晃を迎えた4人は、「俺たちはまだ終わっちゃいない」ことを証明するため、ロードレース「四万十ドラゴンライド」に挑戦することを決意する。

撮影は、10月2~15日を予定。クランクインに向け、8月16日に四万十市、17日に高知市でオーディションを敢行する。詳細は、よさこいネット内「高知フィルムコミッション」公式サイト(www.attaka.or.jp)からダウンロード。15年2月に開催予定の第2回四万十映画祭で先行上映後、国内の映画祭への出品を視野に入れているほか、東京、大阪、名古屋、高知の劇場での上映を予定している。

県庁おもてなし課 Blu-ray スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 県庁おもてなし課 Blu-ray スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,030 全国が観光ブームに沸く中、高知県庁は観光促進を目的に「おもてなし課」という新部署を設立した。「県全体をレジャーランドに!」という壮大なプロジェクトに関わりながら、掛水(錦戸亮)や多紀(堀北真希)たちが成長していく姿を描いたラブストーリー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi