吉本興業、台湾金門島商業施設に日本物産店 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月16日 > 吉本興業、台湾金門島商業施設に日本物産店
メニュー

吉本興業、台湾金門島商業施設に日本物産店

2014年7月16日 07:10

[映画.com ニュース]吉本興業は、台湾の大手デベロッパー「台湾土地開発股份有限公司」と提携し、台湾・金門島の大型商業施設「WIND LION PLAZA」西館2階に、日本47都道府県の特産品・工芸品を販売する常設型物産店「よしもと47ご当地市場 金門WLP店(中国語:吉本47特選市場 金門WLP店)」を、7月5日にオープンした。

大阪・なんばグランド花月(NGK)ビルで2012年4月にオープンした「よしもと47ご当地市場」で培ったノウハウを生かし、海外初出店。台湾、さらに巨大な中国大陸市場へ向け日本の魅力、ブランドを伝えていく。

「WIND LION PLAZA」は、台湾土地開発股份有限公司が、台湾・金門県政府の政策「国際観光島」「免税ショッピング島」目標を受け、台湾・中国両岸の交流を目的に、金門県政府より認可を受け手がける台湾最大のプロジェクト「両岸自由貿易・取引センター」の第1期計画。台湾、日本、韓国をテーマにした施設、グルメやアミューズメント施設、インターナショナルブランド店舗で構成。

「よしもと47ご当地市場」は、日本をテーマにしたショッピングセンターとしてアジア最大級の西館2階「日本エリア」で展開。出品社数は54社。取扱商品は441種類(よしもと関連商品を含まず)で、うち食品・菓子102種、雑誌・工芸品339種。年間売上1億2000万円(1000万円/月)を目指す。

さらに第2期計画では、ホテル、展示センター、オフィスなどの施設を17年に竣工予定。第1期・2期計画を通して、総敷地面積約24万平方メートル、事業費100億台湾ドルを超える大規模な商業開発となる。

同プロジェクトは、金門尚義空港から約200メートルに位置する利便性、台湾政府の「離島建設条例」による免税特例を生かし、中国福建省廈門市を中心とした約5000万人の海峡西岸経済圏をマーケットとして見込む。(文化通信)

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi