宮崎吾朗テレビシリーズ初監督作品 アニメ「山賊の娘ローニャ」が10月放送開始 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月14日 > 宮崎吾朗テレビシリーズ初監督作品 アニメ「山賊の娘ローニャ」が10月放送開始
メニュー

宮崎吾朗テレビシリーズ初監督作品 アニメ「山賊の娘ローニャ」が10月放送開始

2014年7月14日 19:00

「山賊の娘ローニャ」ビジュアル「ゲド戦記」

「山賊の娘ローニャ」ビジュアル
(C) NHK・NEP・Dwango, licensed by Saltkrakan AB,
The Astrid Lindgren Company
[拡大画像]

[映画.com ニュース] NHKは、BSプレミアムで10月からテレビアニメ「山賊の娘ローニャ」の放送を開始することを発表した。監督は宮崎駿氏の長男である宮崎吾朗。劇場用アニメ「ゲド戦記」や「コクリコ坂から」の監督を務めてきたが、テレビシリーズは初挑戦となる。

番組主題歌のタイトルは「春のさけび」。宮崎監督が自ら作詞を手掛け、「ゲド戦記」の挿入歌や「コクリコ坂から」の主題歌を担当した手嶌葵が歌いあげる。手嶌の歌声に対して、宮崎監督は「可愛らしくて、良いではないですか。聴いていて、ムズムズする(笑)。皆さんが想像している手嶌葵とは違った一面が見られると思います」とコメント。一方の手嶌も「吾朗さんとの3作品目、楽しい素敵な作品になることを願っています。みなさん、ローニャちゃんと一緒に旅に出ましょう」と本作をアピールしている。

主題歌の中身や本編映像などの詳細は、7月12日午後1時50分から総合テレビで放送される「土曜スタジオパーク」内で初公開される予定だ。「山賊の娘ローニャ」は、小説「長くつ下のピッピ」で知られるスウェーデンの女性作家アストリッド・リンドグレーンが、1981年に上梓した小説「山賊のむすめローニャ」が原作。中世ヨーロッパ風の世界に広がる雄大な森の古城で暮らす山賊一家の娘ローニャの成長を通して、愛情と喜びにあふれた家族の物語が描かれる。(トーキョーアニメニュース)

コクリコ坂から[Blu-ray/ブルーレイ] コクリコ坂から[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,331 太平洋戦争が終わり高度経済成長が始まろうとしていた時代の横浜を舞台に、ある高校生男女の愛と友情、そして建物をめぐる紛争を軸に、まっすぐに生きる高校生たちの群像をさわやかに描いたドラマ。
NHK ふたり/コクリコ坂・父と子の300日戦争~宮崎駿&#21...[Blu-ray/ブルーレイ] NHK ふたり/コクリコ坂・父と子の300日戦争~宮崎駿&#21...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,691 巨匠・宮崎駿監督と、その息子でアニメーション映画監督の宮崎吾朗。衝突しながらも、“映画を作る”という同じ目的に向かい情熱を燃やすふたり-父と子の絆を、映画「コクリコ坂から」を通して描いたメイキング・ドキュメンタリー!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi