剣心・佐藤健、藤原竜也演じる最強の敵・志々雄真実の秘密を暴露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月10日 > 剣心・佐藤健、藤原竜也演じる最強の敵・志々雄真実の秘密を暴露
メニュー

剣心・佐藤健、藤原竜也演じる最強の敵・志々雄真実の秘密を暴露

2014年7月10日 21:52

客席に手を振る佐藤健と武井咲「るろうに剣心」

客席に手を振る佐藤健と武井咲
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の佐藤健武井咲が7月10日、都内で行われた主演映画「るろうに剣心 京都大火編」の試写会イベントに出席。2人はそろって渋めの浴衣姿で登場し、佐藤は「浴衣が大好き。男性ももっと和物を着られる機会が増えたらいいと思う」とご満悦だった。

浴衣姿の観客で埋めつくされた会場を見渡し、佐藤と武井は夏の思い出話に花を咲かせた。「子供の頃、夏休みといえば父親の実家の宮城に帰って、カブトムシやクワガタなどを捕まえていた」(佐藤)、「家族や親戚とキャンプして遊んだ。テントで寝ることが好きだったので家の中でもテントを広げて寝ていた」(武井)と、やんちゃな子ども時代を振り返った。

武井は、前作に引き続きヒロイン・神谷薫役を務めたが、「今回は薫も長刀(なぎなた)で、死にもの狂いで戦う。怖いアクション部に『殺すつもりなら首を狙え!』と言われ、一生懸命やった」と壮絶な撮影を述懐。佐藤は、「藤原竜也さん演じる最強の敵・志々雄真実は、大火傷のため全身包帯ぐるぐる巻きで目と口しか見えない。だけど、包帯を取るとパンダみたいでチャーミング」と裏話を明かし、笑いを誘っていた。

るろうに剣心 京都大火編」は、漫画家・和月伸宏氏の人気コミックを大友啓史監督が実写映画化した「るろうに剣心」(2012)の続編で、原作のクライマックスにあたるエピソード「京都編」を描いた2部作の前編。かつては“人斬り抜刀斎”と恐れられた剣豪・緋村剣心(佐藤)と、剣心の後継者として“影の人斬り役”を引き継いだ志々雄真実(藤原)との対決が描かれる。8月1日から全国公開。

るろうに剣心 Blu-rayスペシャルプライス版[Blu-ray/ブルーレイ] るろうに剣心 Blu-rayスペシャルプライス版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,998 1994~99年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、テレビアニメ化もされて人気を博した和月伸宏の剣客漫画「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚」を実写映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi