「ゾディアック」プロデューサー、ナチスドイツの連続殺人鬼の実話を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月6日 > 「ゾディアック」プロデューサー、ナチスドイツの連続殺人鬼の実話を映画化
メニュー

「ゾディアック」プロデューサー、ナチスドイツの連続殺人鬼の実話を映画化

2014年7月6日 14:55

「ゾディアック」の一場面「ゾディアック」

「ゾディアック」の一場面
写真:Albumアフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ナチス支配下のドイツに実在したシリアルキラー、通称「Sバーンマーダラー」ことポール・オゴールツォウを題材にした映画「ブラックアウト(原題)」が製作されることになった。

スコット・アンドリュー・セルビーのノンフィクション「A Serial Killer in Nazi Berlin: The Chilling True Story of the S-Bahn Murderer」の映画化。米バラエティによれば、米ミソロジー・エンタテインメントのジェームズ・バンダービルトとブラッド・フィッシャーが、このほど同書の映画化権を獲得。バンダービルトとフィッシャーはともに、やはり実在のシリアルキラーを題材にしたデビッド・フィンチャー監督作「ゾディアック」のプロデュース(バンダービルトは脚本も担当)を手がけている。

Sバーンマーダラーは、1940年から41年にかけて、ベルリンで少なくとも8人の女性をレイプしたうえで殺害したとされる。Sバーンとはドイツの国営鉄道の名称で、オゴールツォウは妻子ある鉄道員だった。当時、連合軍の爆撃を避けるために夜間は停電が実施され、真っ暗だった夜の列車が犯行現場として使われた。映画のタイトル「ブラックアウト」は、停電の意味。オゴールツォウは逮捕され、41年に28歳で処刑された。

ゾディアック 特別版[DVD] ゾディアック 特別版[DVD] 最安価格: ¥927 奇妙な暗号で世界を挑発する殺人犯“ゾディアック”に魅入られ、人生を狂わされた4人の男たちの姿を描いた、実在の未解決事件に基づくサスペンス・スリラー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi