66年を振り返り、次の世代へメッセージを伝える「三里塚に生きる」公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月6日 > 66年を振り返り、次の世代へメッセージを伝える「三里塚に生きる」公開
メニュー

66年を振り返り、次の世代へメッセージを伝える「三里塚に生きる」公開

2014年7月6日 06:20

「三里塚に生きる」ポスター画像「三里塚に生きる」

「三里塚に生きる」ポスター画像
[拡大画像]

[映画.com ニュース]故小川紳介監督の三里塚シリーズ第1作「日本解放戦線・三里塚の夏」から46年目、空港反対闘争の最終章を描くドキュメンタリー「三里塚に生きる」の11月公開が決定し、特報映像が完成した。小川プロ作品でカメラマンを務めていた大津幸四郎が、成田空港建設問題で揺れた三里塚に再びカメラを向けた意欲作だ。

1966年、日本政府は農村地帯である成田市三里塚に、事前交渉もなく一方的に空港建設を決定。ベトナム反戦運動などの時代を背景に、地元農民を中心とした反対運動が組織され、学生や青年労働者が支援に加わり、三里塚は激しい抵抗運動の舞台となった。しかし、国と闘った村が支払うことになる犠牲は、あまりにも大きなものだった。

三里塚闘争を記録し続けた小川紳介が残した日本のドキュメンタリー映画の伝統を受け継ぎつつ、カメラマン大津幸四郎代島治彦が共同で監督。井浦新吉行和子のナレーションで次の世代への熱いメッセージを伝える。音楽は「あまちゃん」の大友良英が担当した。

三里塚に生きる」は11月にユーロスペースで公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi