ポール・マザースキー監督、84歳で死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月2日 > ポール・マザースキー監督、84歳で死去
メニュー

ポール・マザースキー監督、84歳で死去

2014年7月2日 20:20

俳優、脚本家としても才能を発揮した マザースキー監督「結婚しない女」

俳優、脚本家としても才能を発揮した
マザースキー監督
Photo by Stefanie Keenan/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優、脚本家としても活躍し、アカデミー賞に5度ノミネートされたポール・マザースキー監督が6月30日(現地時間)、米ロサンゼルスの病院で心肺機能の停止のため他界した。享年84歳だった。

ブルックリン大学在学中から舞台やテレビで俳優として活動していたマザースキー監督は、スタンリー・キューブリック監督の劇場映画デビュー作「恐怖と欲望」(1953)で映画に初出演。60年代に構成作家、脚本家としてのキャリアもスタートさせ、69年の初長編監督作「ボブ&キャロル&テッド&アリス」でアカデミー賞脚色賞に初ノミネートを果たす。「ハリーとトント」(74)で脚本賞、「結婚しない女」(78)では脚本賞と作品賞の候補に挙がり、「敵、ある愛の物語」(89)で再び脚色賞にノミネートされた。なかでも、主人公の女性が離婚を経て自立するまでの姿を描いた「結婚しない女」は、女性映画の先駆け的作品として注目を集めた。

そのほかにも半自伝的な内容の「グリニッチ・ビレッジの青春」や、「ビバリーヒルズ・バム」や「結婚記念日」といったコメディ作品で手腕を発揮。晩年は俳優としての活動が多く、テレビシリーズ「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」や「ラリーのミッドライフ★クライシス」などにゲスト出演したほか、アニメ映画「カンフー・パンダ2」にボイスキャストとして参加した。監督作としては、ウクライナの小さな町で行われる祭事に参加したときの様子を収めた、06年のドキュメンタリー映画「Yippee(原題)」が最後の作品となった。

マザースキー監督は、今年2月に開催された米脚本家組合賞の授賞式に車いすで出席しており、これまでの脚本家としての功績を称えたローレル賞を受けとっていた。授賞式にも駆けつけた俳優のメル・ブルックスは、訃報を受け「我々にとって、彼はアメリカのフェリーニでした」と、故人を偲ぶコメントをツイッターに投稿している。

ボブ&キャロル&テッド&アリス[DVD] ボブ&キャロル&テッド&アリス[DVD] 最安価格: ¥1,000 2組の若い夫婦が夫婦交換を行なう様を描いたコメディ作品。
グリニッチ・ビレッジの青春[DVD] グリニッチ・ビレッジの青春[DVD] 最安価格: ¥3,201 1950年代グリニッチ・ビレッジに集う若者たちを描いたほろ苦い青春群像劇。名匠ポール・マザースキー監督が、自身を投影した自伝的要素の強い作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi