ジャンクハンター吉田「ロボコップ」の魅力を分析!新ロボコップの転職先は映画館? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年6月30日 > ジャンクハンター吉田「ロボコップ」の魅力を分析!新ロボコップの転職先は映画館?
メニュー

ジャンクハンター吉田「ロボコップ」の魅力を分析!新ロボコップの転職先は映画館?

2014年6月30日 18:45

ポップコーン販売でも活躍を繰り広げたロボコップ「ロボコップ」

ポップコーン販売でも活躍を繰り広げたロボコップ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大ヒットSFアクションをリブートした「ロボコップ」のブルーレイ&DVD発売を記念し6月29日、元プロレスラーで映画コラムニストのジャンクハンター吉田と“新生”ロボコップが、都内の劇場でトークイベントを行った。

鬼才ポール・バーホーベン監督による「ロボコップ(1987)」を新たに映画化した近未来アクション。2028年の米デトロイトで、ひん死の重傷を負った警察官アレックスが全身を機械化した“ロボコップ”となり、社会の“悪”を制裁していく姿を描く。スウェーデン出身の人気俳優ジョエル・キナマンがタイトルロールを演じ、ゲイリー・オールドマンサミュエル・L・ジャクソンマイケル・キートンら豪華キャストが脇を固めた。

この日は、オリジナル版「ロボコップ(1987)」をテレビ朝日「日曜洋画劇場」で放送された磯辺勉による吹き替え版で上映。日本一「ロボコップ」に詳しい男・吉田は、「オリジナルではロボコップの(人間の時だった)記憶が消されちゃってるけれど、リブート版では家族愛をテーマにしているので、主人公の記憶が残っている」と違いを説明し、「14年版はドローン機(無人操縦の兵器)を使えば兵士が傷つかないという、アメリカのロボット戦争事情をシニカルに描いている」と解説した。

シルバーからブラックのスーツへと生まれ変わった新ロボコップは、大ヒット映画「アナと雪の女王」の人気に便乗すべく、同作の主題歌「Let It Go」に合わせたロボットダンスを披露。さらにチケットのもぎり、ポップコーン販売、場内清掃など、映画館勤務にも初挑戦していた。

ロボコップ」ブルーレイ&DVDは7月2日発売(レンタル同時スタート)。

ロボコップ ディレクターズ・カット<日本語吹替完全版>〔スチール...[Blu-ray/ブルーレイ] ロボコップ ディレクターズ・カット<日本語吹替完全版>〔スチール...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 80年代を代表する、傑作近未来SFアクションの決定版!
ロボコップ ブルーレイ版スチールブック仕様〔4,000セット数量...[Blu-ray/ブルーレイ] ロボコップ ブルーレイ版スチールブック仕様〔4,000セット数量...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,325 正義のロボットヒーローに生まれ変わった男と凶暴化する社会の悪との闘いを描くSFアクション大作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi