雲南の精神病院で鉄格子の中の愛を映す「収容病棟」ワン・ビン監督 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年6月27日 > 雲南の精神病院で鉄格子の中の愛を映す「収容病棟」ワン・ビン監督
メニュー

雲南の精神病院で鉄格子の中の愛を映す「収容病棟」ワン・ビン監督

2014年6月27日 07:15

ワン・ビン監督「収容病棟」

ワン・ビン監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「鉄西区」「無言歌」など変容する中国社会を映し出し、国際的に高い評価を受けるドキュメンタリー作家ワン・ビンの最新作「収容病棟」が6月28日公開する。雲南省の精神病院におよそ3カ月半密着し、鉄格子の中の患者たちのありのままの姿をとらえたワン監督に話を聞いた。

中国当局は2010年に精神病患者1億人と発表。今作の舞台となった病院では、200人以上の患者が収容されており、暴力的であったり、薬物やアルコール中毒の患者のほか、政治的な陳情行為をした人間もいる。患者たちは社会から隔絶された環境の中でも互いにいたわりあい、愛を求めている。そんな被写体の日常をワン監督独特の距離感でカメラに収め、観客を病棟の中に引き込んでいく。

2003年に北京の精神病院での取材を考えたが、許可が下りず企画は棚上げに。そして時を経て2012年、雲南省で撮影が可能となった。「10年ほど前に訪れた北京の病院の患者は、文化大革命後の70~80年代に病気になった人が多かったです。しかし、今回撮影した雲南省の患者たちは、現代中国の社会から来る様々な原因によって、心を病んだ背景があると思います」と、経済的困窮に陥った人、都会に出稼ぎに行ったものの、田舎との環境の違いになじめなかった人、政府機関といざこざを起こした人、一人っ子政策に違反して次々と子どもを産み、精神的に追い詰められた女性など患者たちの例を挙げる。


画像2

(C)Wang Bing and Y. Production
[拡大画像]

リサーチや撮影を通じて、10年、20年という単位で長年閉じ込められ、家族に見捨てらた状態の患者もいることを知った。「毎日患者と接していると、ひとりひとりの病状を把握できるようになります。そうすると彼らがここに入ってきた理由や、家庭環境というものがだんだんとわかってくるのです。その中で、特に病人ではない人がいるということもわかりました。ある若い男性は頑な性格で、他の人とちょっと違うというだけで、病気とまでは言えないのに収容されています。それを見ていると、我々もある日何かの事件がきっかけで病人扱いをされ、病院に送り込まれる可能性があると強く感じました」

中国語の原題は「瘋愛」。「この映画を通して何を言いたいか編集をしながらタイトルを模索していました。精神を病んだ人たちを表すのが『瘋』、そして患者同士の愛を表現したかったのでこのように名づけました」と語るように、病棟は人間的なふれあいにあふれており、恋愛中の患者同士が睦み合うロマンティックなシーンさえある。

あくまで患者たちの生活に寄り添いながら、それぞれの人間の背景にあるドラマを映した。政府からの検閲や妨害もなく、本作を完成させることができた理由について「特にこの映画には政治的なメタファーを持たせていません。ただ病院にいる人たちがどうやって生きているかという自然な姿を撮ったに過ぎないのです」と結んだ。

収容病棟」は6月28日シアター・イメージフォーラムほか全国で公開。

無言歌 Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 無言歌 Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,886 世界映画の旗手、ワン・ビン監督が描く命の詩。
鉄西区[DVD] 鉄西区[DVD] 最安価格: ¥4,845 対象となる地域を限定し長い時間をかけて記録することにより中国社会が抱える現実をも浮き彫りにした、中国ドキュメンタリーの傑作!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi