トム・クルーズ「オール・ユー・ニード・イズ・キル」は「心高ぶる体験」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年6月27日 > トム・クルーズ「オール・ユー・ニード・イズ・キル」は「心高ぶる体験」
メニュー

トム・クルーズ「オール・ユー・ニード・イズ・キル」は「心高ぶる体験」

2014年6月27日 16:30

会見に臨んだトム・クルーズ「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

会見に臨んだトム・クルーズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] SFアクション大作「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のプロモーションで来日中のトム・クルーズが6月27日、ダグ・リーマン監督とプロデューサーのアーウィン・ストフとともに都内で会見した。

20度目の来日となった親日家のクルーズは、昨日の大阪・福岡・東京プロモーションの疲れも見せず、「むしろエネルギーをもらったよ」と終始にこやか。「この3人でまず約束したことは、全てのプロセスにおいてチャレンジ精神で挑むということ。できる限り最高の映画を作るため野心的になること。あらゆるステップがチャレンジだったけれど、チームの全員が同じ目的のためにベストを尽くした。それはとても心高ぶる体験で、決してひとりの力で成し遂げられることではなかった」とスタッフへの感謝を語った。

Mr.&Mrs.スミス」「ボーン・アイデンティティー」などで知られるリーマン監督は、「3年前に企画が立ち上がった時から、トムはずっと日本の観客を強く意識していた。彼は本当に日本のファンを愛しているんだ」と告白した。さらに、「映画が始まって10分で死んじゃう戦えない兵士。これまでに見たことのないトム・クルーズが見られるよ」とニヤリ。一方のクルーズも、「ダグはキャラクターのディテールをすくいあげる名手。この素材をダグとやることに意義があった」と最敬礼だった。

ストフは、「最初にトムの家のリビングルームで脚本の読み合わせをした時、いきなりトムが役を演じ始めたんだ。それは私のこれまでのキャリアの中で最もワクワクした瞬間で、これはスリリングな映画になると心から思ったよ」と成功を確信したという。

クルーズの熱演はもちろん、特殊部隊の女性兵士リタ役を演じたエミリー・ブラントのアクションにも注目が集まる。クルーズは、「女性からあんなに銃で撃たれたのは初めて」と冗談を交えながら、「エミリーはドラマからコメディまでこなせる振り幅の大きな才能あふれる女優。あの機動スーツはまるで冷蔵庫を担いでいるかのような重さがあるけれど、彼女はとてもタフで厳しい訓練にも耐えた。でも現場で『大丈夫?』って聞いてみたら、涙目になって『とても重い』って本音をこぼしたよ(笑)」と裏話を披露。リーマン監督も、「独創的でエキサイティングな小説だけど、特にユニークなラブストーリーの部分にひかれた。この強い女性キャラクター像は、とても日本的なヒーローだと思う」と語った。

未知の侵略者と人類の戦いが繰り広げられる近未来の地球を舞台に、死ぬ度に同じ日の朝に舞い戻る“タイムループ”にはまってしまった男(クルーズ)が、幾度も死を体験するうちに戦闘技術を磨き上げ、敵を攻略する糸口をつかんでいく。原作は、桜坂洋氏による同名SFライトノベル。映画は、7月4日から2D/3Dで全国公開(6月28日&29日に先行上映)。

オブリビオン ブルーレイ&サントラ・ショートエディションCD(e...[Blu-ray/ブルーレイ] オブリビオン ブルーレイ&サントラ・ショートエディションCD(e...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 記憶を消し去り、ひとり人類のいない地球を守る孤高のヒーロー。彼はなぜ、ひとり地球を守るのか。消された記憶に何が隠されているのか。トム・クルーズ主演のSFアクション!!
トップガン 3D&2Dブルーレイセット[Blu-ray/ブルーレイ] トップガン 3D&2Dブルーレイセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,030 米海軍航空基地のエリート集団“トップガン”に選ばれた訓練生が、友人の死や困難を乗り越えて成長していく姿を描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi