宮沢りえが“最も美しい横領犯”になる「紙の月」公開日が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年6月24日 > 宮沢りえが“最も美しい横領犯”になる「紙の月」公開日が決定
メニュー

宮沢りえが“最も美しい横領犯”になる「紙の月」公開日が決定

2014年6月24日 08:00

「紙の月」は11月15日公開「紙の月」

「紙の月」は11月15日公開
(C) 「紙の月」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の宮沢りえが約7年ぶりに映画主演を果たした「紙の月」が、11月15日から全国で公開されることが決定した。これにあわせ、宮沢演じる“最も美しい横領犯”が大量の1万円札にまみれ、挑発的な視線を投げかけるポスタービジュアルも初公開された。

桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督が独特の映像センスとテクニックを駆使し、平凡な主婦が引き起こした巨額横領事件をスピード感たっぷりに描く。原作は、原田知世主演でテレビドラマ化もされた、直木賞作家・角田光代氏の第25回柴田連三郎賞受賞作。3月末にタイ・バンコクでクランクアップを迎え、手応えを感じた製作陣の希望で公開時期が当初の2015年から11月に前倒しされた。

バブル崩壊直後の1994年。わかば銀行で契約社員として働く主婦の梅澤梨花は、丁寧な仕事ぶりで高い評価を得ていたが、私生活では夫との間に溝が生まれ、空虚感を抱えていた。そんななか、大学生の平林光太と出会い肉体関係を持つようになった梨花は、派手なデートを繰り返すうち顧客の金に手をつけてしまう。最初はたった1万円を“借りた”つもりでいたが、次第に金銭感覚が麻痺していく。

宮沢が、清さと悪さの二面性を持ち合わせ堕落していく主人公・梨花役に挑み、若手実力派俳優の池松壮亮が恋人の光太、田辺誠一が夫の正文を演じている。小林聡美が先輩職員・隅より子、大島優子が窓口担当の若手職員・相川恵子というオリジナルキャラクターで出演するほか、銀行の上司役で近藤芳正、顧客の資産家役で石橋蓮司らが共演する。

桐島、部活やめるってよ[Blu-ray/ブルーレイ] 桐島、部活やめるってよ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,628 早稲田大学在学中に第22回小説すばる新人賞を受賞した朝井リョウのデビュー作を映画化した青春群像劇。
あの頃映画 松竹DVDコレクション 阿修羅城の瞳[DVD] あの頃映画 松竹DVDコレクション 阿修羅城の瞳[DVD] 最安価格: ¥1,512 2000年夏に松竹と劇団☆新感線の初のコラボレイト作品として上演され、大成功した舞台「阿修羅城の瞳」を『陰陽師』の滝田洋二郎監督が映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi