秋元才加、鼻ほじりシーンは幻に 本郷奏多「見たかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年6月20日 > 秋元才加、鼻ほじりシーンは幻に 本郷奏多「見たかった」
メニュー

秋元才加、鼻ほじりシーンは幻に 本郷奏多「見たかった」

2014年6月20日 12:04

秋元才加の「AKB48」卒業後初となる主演映画「奴隷区 僕と23人の奴隷」

秋元才加の「AKB48」卒業後初となる主演映画
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 小説・漫画投稿コミュニティ「E★エブリスタ」で人気を博したサバイバルサスペンスの映画化「奴隷区 僕と23人の奴隷」の完成披露試写会が6月19日、都内で行われ、ダブル主演を務めた元「AKB48」の秋元才加本郷奏多佐藤佐吉監督が舞台挨拶に立った。

退屈な日々を送るフリーター・大田ユウガ(本郷)と双子の姉・荒川エイア(秋元)は、勝負に勝てば相手を奴隷にすることができる謎の器具「SCM」を手に入れたことで、所有者同士が繰り広げるサバイバルゲームに身を投じていく。

秋元は、「AKB48」卒業後初となる主演映画に「皆さんの表情を見てひと安心」と安堵の表情。「新しい一面を見てもらいたかったし、色々な魅力を引き出してもらえるかもと思った。初挑戦も映画の中にたくさんある」と新境地に挑んだ。

秋元が劇中で床をなめるシーンが話題を集めているが、「床をなめるだけで記事にしてもらえるなら、いくらでもなめまっせ」と女優魂を見せつけた。ほかにも、「原作だと鼻をほじるクセがあるんだけど、映画ではなくなっているので爪をかむクセで自分なりにできることを広げた」と役作り。すると本郷が、「秋元さんが鼻をほじっている姿も見たかったな」とポロリ。秋元も、「私も原作を読んで『よっしゃ!』と思ったのに。だってめったに公然と鼻ほじれなくない?」と平然としていた。

GANTZ」シリーズ以来の映画出演となった本郷は、「『またサバイバルゲームか』とも思ったけど、だからこそ何の心配もなくできるなって思った。何を考えているか分からないところもあるし、劣等感も持っている役柄」と複雑なキャラクターを好演。佐藤監督は、「ダークな世界だけど、なぜかみんな清々しい顔で終わっていく。壁を破って勝負の中で自分を輝かせていく人々を描いたつもり」とポジティブなメッセージをおくった。

主人と奴隷の関係性を描いた本作だが、秋元自身は「ご主人さまタイプ。この人だったら服従したいと思う人には服従するけど、負けたくないって思った人は押さえつけてやろうと思っちゃう(笑)」とサディスティックな面を匂わせながら、「奴隷も欲しいけど奴隷にもなりたい」と複雑な女心を語った。

奴隷区 僕と23人の奴隷」は、6月28日より公開。

GANTZ PERFECT ANSWER[Blu-ray/ブルーレイ] GANTZ PERFECT ANSWER[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,997 ガンツに巻き込まれる人々と独創的な世界観を、圧倒的な映像で表現した「GANTZ」の続編!
ANOTHER GANTZ ディレクターズカット完全版[DVD] ANOTHER GANTZ ディレクターズカット完全版[DVD] 最安価格: ¥3,201 奥浩哉原作コミックスを、二宮和也・松山ケンイチ主演で映画化した「GANTZ」のTVスペシャル版。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

奴隷区 僕と23人の奴隷[DVD] 奴隷区 僕と23人の奴隷[DVD]最安値: ¥3,791 GANTZ Vol.1[DVD] GANTZ Vol.1[DVD]最安値: ¥5,024 GANTZ PERFECT ANSWER[DVD] GANTZ PERFECT ANSWER[DVD]最安値: ¥2,864
GANTZ Vol.6[DVD] GANTZ Vol.6[DVD]最安値: ¥5,024 GANTZ BOX 2[DVD] GANTZ BOX 2[DVD]最安値: ¥12,830 GANTZ[DVD] GANTZ[DVD]最安値: ¥2,570
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi