ネットフリックスとベライゾンが通信速度の遅さをめぐって非難の応酬 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年6月19日 > ネットフリックスとベライゾンが通信速度の遅さをめぐって非難の応酬
メニュー

ネットフリックスとベライゾンが通信速度の遅さをめぐって非難の応酬

2014年6月19日 07:30

米通信会社ベライゾン

米通信会社ベライゾン
写真:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]米ストリーミング大手のネットフリックスと、通信事業者のベライゾンが配信速度の遅さをめぐって非難の応酬をしていると、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

いさかいのきっかけは、ベライゾンの利用者が動画視聴時に遅延を体験した際に、ネットフリックスが「ベライゾンのネットワークが現在混み合っています」という表示を画面に出したことだ。遅延の原因はすべてベライゾンにあるとしたものだが、これに対してベライゾンはブログで反論。問題はベライゾンのネットワークではなく、ネットフリックスが選んだ仲介業者にあるとしている。

ネットフリックスの視聴時に発生する遅延問題について、ネットフリックスはプロバイダ側に責任があるとして批判を繰り広げているが、プロバイダ側はネットフリックスがただ乗りしているうえに、トラフィックに多大な負荷をかけていると反論。配信速度のこれ以上の落ち込みを避けたいネットフリックスは、今年2月、大手コムキャストと直接接続を行う有料ピアリングの契約を結んでいる。他のプロバイダとの交渉も行っているが、ピアリングの料金を巡って交渉が難航している状態だ。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi