スコセッシ監督に「すさまじいほどに不快」と言わしめた衝撃作が日本初上陸! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年6月18日 > スコセッシ監督に「すさまじいほどに不快」と言わしめた衝撃作が日本初上陸!
メニュー

スコセッシ監督に「すさまじいほどに不快」と言わしめた衝撃作が日本初上陸!

2014年6月18日 12:00

衝撃作「荒野の千鳥足」が日本初公開「荒野の千鳥足」

衝撃作「荒野の千鳥足」が日本初公開
(C)2012 Wake In Fright Trust. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] シルベスター・スタローン主演作「ランボー」のテッド・コッチェフ監督がメガホンをとり、ホラーシリーズ「ハロウィン」の故ドナルド・プレザンスさんが主演した衝撃作「Wake in Fright」が、製作から40年以上を経て、日本初上陸することが決定した。日本未公開の異色映画を紹介する特集上映「初公開! 世界のどす黒い危険な闇映画」の第1弾として、「荒野の千鳥足」の邦題で9月27日から東京・新宿シネマカリテでレイトショー上映される。

オーストラリアの灼熱の砂漠地帯を舞台に、バイオレンス描写を織り交ぜながら、ビール、博打、狩猟によって破滅へと駆り立てられる男を描く。1971年に第24回カンヌ映画祭に出品され、その後欧米で公開されるも、ネガプリントの紛失により幻の映画となっていた。しかし、2004年に米ピッツバーグでプリントが発見され、名匠マーティン・スコセッシの推薦によって、第62回カンヌ映画祭で再び日の目を浴びた。

スコセッシ監督は、「すさまじいほどに不快な映画だ。1971年のカンヌ映画祭で見たとき、私は言葉を失った。視覚、物語、空気感、そして精神的にも素晴らしく構築されており、見る度に皮膚の裏側に衝撃が走る」と語った。また「パワフル、本当にショッキング。でもすごい」(米映画評論家の故ロジャー・エバート氏)、「オーストラリアを描いた、史上最高の、史上最も恐ろしい映画」(シンガーソングライターのニック・ケイブ)とコメントが寄せられている。

荒野の千鳥足」は、9月27日から新宿シネマカリテほかでレイトショー公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi