中日映画社、昭和初期の貴重な邦画をDVD化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年6月16日 > 中日映画社、昭和初期の貴重な邦画をDVD化
メニュー

中日映画社、昭和初期の貴重な邦画をDVD化

2014年6月16日 23:55

[映画.com ニュース] 中日映画社は、昭和初期の貴重な日本映画の数々をDVD化し、6月17日から発売開始する。

第1弾は、15歳の原節子が出演した「生命の冠」(1936/無声)、高峰秀子の4歳のデビュー作「母」(29/無声)、10代の森光子が準主役で出演した「怪猫 謎の三味線」(38/トーキー)の3本。「母」と「怪猫」はこれが初DVD化となる。無声映画は、弁士・澤登翠氏の解説付きで視聴できる。さらに本編終了後には、映画評論家・佐藤忠男氏による評論も収録されている。

販売方法は、電話(0120-700-797)かFAX(03-6459-0953)で注文。価格は送料と代引き手数料込みで、1本3840円(税別)。3本セットで7840円(税別)。amazonでも受け付けている。ちなみに発売日の6月17日は原節子94歳の誕生日にあたる。

同社は、これらのDVDを「銀幕を知る男『毒蝮三太夫』が選ぶ 発掘!蘇る昭和の大スター映画」と題してシリーズ化する。今回発売する3本を「大女優編」とし、第2弾「長谷川伸シリーズ編」では「瞼の母」「沓掛時次郎」「刺青判官」の3本の発売を予定している(発売日未定)。なお、約1000作品の古典映画ライブラリーを保有するマツダ映画社が映像を提供した。(文化通信)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi