「超新星」ユナク、原田夏希とのラブシーンに「アイドルとして」と苦悩 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年6月14日 > 「超新星」ユナク、原田夏希とのラブシーンに「アイドルとして」と苦悩
メニュー

「超新星」ユナク、原田夏希とのラブシーンに「アイドルとして」と苦悩

2014年6月14日 16:00

初日挨拶に立ったユナク、原田夏希ら「無花果の森」

初日挨拶に立ったユナク、原田夏希ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「超新星」のユナクが初めて日本映画に単独主演した「無花果の森」が6月14日、公開初日を迎えた。ユナクをはじめ、共演の原田夏希、出演と主題歌を担当したMiNo、古厩智之監督が都内の劇場で舞台挨拶に出席した。

ファンの黄色い歓声を浴びて登壇したユナクは、「昔から日本映画が好きだったので台本が届いたときは嬉しかったです」と語る。一方で、日本語での演技に加え、脚本の内容に出演をためらう気持ちがあったという。「日本語は勉強し努力しました。記者の気持ちについてもいろんな記者にお会いしてお話ししました。ただ、夏希さんとの“絡み”のシーンもあって、アイドルとしてはどうなんだ? と思って。年はアイドルじゃないけど(苦笑)。どうすればいいのか悩んだけど、監督に『いい作品になるから信じてください』と言われ、信じてやりました」と明かした。

古厩監督は、ユナクとの会話を「確かに『信じて』と言ったけど、その日の前まで全然わからなかった。でも会いに行ったらすごくいいヤツで、熱意があって『こいつならできる!』と思えたので『信じてください』と言いました。それから役をユナク自身に近づけていきました」と振り返る。原田は、「自国以外の言葉でお芝居するってすごいこと。役者としてうらやましいと思った」と最敬礼。現場でのユナクについては、「いつも甘いものを食べているのに、なぜかこんなに細い! ビックリしました」とほほ笑んだ。

ユナクは監督、共演陣の称賛に照れながら、改めて今回の日本映画出演を「勉強になった。また機会があればやりたいです。もっともっと頑張って、“いいヤツ”になりたい!」と語り、ファンの歓声を浴びていた。原作は、直木賞作家・小池真理子の同名小説。出版社のパパラッチとして働く韓国青年が、かつて追っていた世界的指揮者のDV疑惑事件の被害者が偶然に再会し、それぞれに事情を抱えて行動を共にしていく姿を描く。

2013 FAN MEETING THANK YOU[DVD] 2013 FAN MEETING THANK YOU[DVD] 最安価格: ¥3,694 リーダーユナク除隊後、超新星6人で初となった単独公演が早くもDVD化!
この空の花-長岡花火物語[DVD] この空の花-長岡花火物語[DVD] 最安価格: ¥4,183 大林宣彦監督が、新潟県長岡市を舞台にした人間ドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi