AKB48・渡辺麻友、ポケモン映画でナレーション!監督も「さすが1番」と納得 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年6月11日 > AKB48・渡辺麻友、ポケモン映画でナレーション!監督も「さすが1番」と納得
メニュー

AKB48・渡辺麻友、ポケモン映画でナレーション!監督も「さすが1番」と納得

2014年6月11日 15:47

ナレーションを披露したAKB48・渡辺麻友「ピカチュウ、これなんのカギ?」

ナレーションを披露したAKB48・渡辺麻友
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気アニメ「ポケットモンスター」の劇場版通算17作目「ポケモン・ザ・ムービーXY 『破壊の繭とディアンシー』」の公開アフレコが6月11日、都内のスタジオで行われ、ゲスト声優の三田佳子山寺宏一中川翔子、お笑いコンビ「中川家」、足立梨花、「AKB48」の渡辺麻友湯山邦彦監督が会見した。

2013年に放送を開始したテレビアニメシリーズ「ポケットモンスターXY」初となる劇場版。サトシとピカチュウが、“ほうせきポケモン”たちの国「ダイヤモンド鉱国」のお姫様ディアンシーとともに、“聖なるポケモン”と呼ばれるゼルネアス(三田)を探す旅に出る。

芸歴54年目にして初のアニメ声優に挑戦した三田は、「映画の出身なので、セット以外は必ずアフレコだった。なので画に合わせて声を出すことは多少できるけれど、キャラクターに合わせるのは新しい自分との出会いだった」と新境地を開拓。湯山監督は、「ゼルネアスは命を与える、自然を象徴したキャラクター。さすが三田さん、神々しい美しさが出たと思う」と絶賛。17年連続でポケモン映画に出演するベテラン山寺も、「三田さんは大・大・大先輩。一緒の作品に出られるだけでうれしい」と最敬礼だった。

今年でポケモン映画8年目となる常連・中川は、「久々の人間役。愛と勇気と希望、この世界で生きる喜びをポケモンに教えてもらった。いちポケモンファンとして魂を吹き込んだ!」とポケモン愛を熱弁。喉の不調を抱えながらのアフレコとなったが、「本編ではクリアボイスなので、“メガ”進化した姿を見てほしい」とアピールした。

先日のAKB48選抜総選挙で第1位に輝いた渡辺は、短編「ピカチュウ、これなんのカギ?」でナレーションを務め、「まさか自分がポケモン映画に出演できるなんて信じられなかった。私も子どもの頃は夏休みに家族と一緒に見に行っていた。子どもたちの今年の一番の思い出になったらうれしい」とニッコリ。湯山監督も、渡辺の落ち着いたナレーションに「さすが1番ですね」と納得の表情だった。

「ポケモン・ザ・ムービーXY 『破壊の繭とディアンシー』」は、7月19日から全国で公開。

劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速のゲノセクト ミ...[Blu-ray/ブルーレイ] 劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速のゲノセクト ミ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,118 2013年のピカチュウ・ザ・ムービーは、伝説のポケモン、ミュウツーと、3億年前の化石から人間の手によって現代によみがえったポケモン、ゲノセクトが登場。迫力のバトルとスペクタクルなストーリー展開で描く勇気と感動の長編。
劇場版ポケットモンスター ベストウィッシュ「キュレムVS聖剣士 ...[Blu-ray/ブルーレイ] 劇場版ポケットモンスター ベストウィッシュ「キュレムVS聖剣士 ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,927 ポケモン映画15周年を記念して長編・短編の豪華2本立てが9年ぶりに復活!キュレムVSケルディオの大迫力バトル、スペクタクルなストーリー展開、そしてサトシとピカチュウや仲間との友情を描いた勇気と感動の長編。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi