ダーレン・アロノフスキー監督が語る「ノア 約束の舟」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年6月10日 > ダーレン・アロノフスキー監督が語る「ノア 約束の舟」
メニュー

ダーレン・アロノフスキー監督が語る「ノア 約束の舟」

2014年6月10日 13:50

黒澤明監督の「用心棒」をベストムービーに挙げるほどの親日家「ノア 約束の舟」

黒澤明監督の「用心棒」をベストムービーに挙げるほどの親日家
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 旧約聖書の「ノア箱舟」を原案に描くスペクタクル超大作「ノア 約束の舟」を手掛けたダーレン・アロノフスキー監督が、来日インタビューで作品に込めた思いを明かした。

π パイ」や「レクイエム・フォー・ドリーム」で、人を狂わせていく事柄に焦点を当てたかと思えば、「レスラー」「ブラック・スワン」では人間の内面そのものに迫っていく。それはまるで、客観性と主体性を巧みに使い分けながら、世界のことわりを解明しようとする行いのようだ。

アロノフスキー監督は、「多分その解釈は合っていると思うんだが、自分で作品のことは分析しないんだ。代わりに解説書を書いてくれないか(笑)」と笑いながら、「自分で特に(そういう作品にしようと)意図はしていない。けれど結果としていつもそうなるということは、自分の根底にそうした興味があるからだろうね」と説明する。

1969年、米ニューヨークのロシア系ユダヤ人の家系に生まれ、ハーバード大学で社会人類学を専攻、映画製作も学んだ。ベネチア国際映画祭で金獅子賞受賞、そしてアカデミー賞監督賞ノミネートの経験を持つこの鬼才が、「最も古く偉大なストーリーを映画化できるなんて、これ以上のチャンスはなかった」と語る「ノア 約束の舟」で挑んだのは、聖書に記された奇跡と現代科学の論理的な融合だ。

監督は、「アメリカには、神が6日間で世界を作った『天地創造』の話を、本当に信じている人が多くいるんだ。そうした人たちは“反科学運動”に陥りがちで、それは非常に危険なこと。ものすごく古い考え方だから。僕はそうした奇跡を“詩”と捉えることで、ダーウィンの進化論などの科学と密接に描けると考えたんだ」と話す。「天地創造」の一説をナレーションに、ビッグバンによる宇宙の誕生から、地球が生まれ、46億年分の進化を一気に見せつける3分間の映像は、「ずっとやりたかった」と力を込める注目のシーンだ。

神の啓示を受け、その言葉に殉じようとするのが、ラッセル・クロウ演じるノア。だがその生きざまは、大義のためには少数を切り捨てることもいとわない冷酷さもあわせ持つ。その一方で、レイ・ウィンストン扮するカインは、悪役としてノアに対じしながら、何者にも縛られず生きることを願う、純粋な“人間らしさ”を見せる。

彼らふたりを筆頭に、ジェニファー・コネリーアンソニー・ホプキンスエマ・ワトソンらが熱演した多彩なキャラクター造形の秘密を、「いい悪役というのは、そのキャラクターの中にも正しい部分があることだと思うんだ。ヒーローの中にも悪い部分があると面白くなるようにね」と監督は明かす。そして、「ハリウッド映画では本当に(善なら善、悪なら悪の)一面しかないキャラクター以外を登場させるのが大変なんだけど、今回は、誰がいい人で誰が悪い人かを分かりにくく描くことができたんだ」と満足そうに語った。

ノア 約束の舟」は、6月13日から全国公開。

ブラック・スワン[DVD] ブラック・スワン[DVD] 最安価格: ¥927 本作でアカデミー賞主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマン主演で贈る、美と狂気がせめぎあう衝撃的サスペンス!監督:ダーレン・アロノフスキー
レクイエム・フォー・ドリーム <HDリマスターBlu-rayスペ...[Blu-ray/ブルーレイ] レクイエム・フォー・ドリーム <HDリマスターBlu-rayスペ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 人生の岐路を彷徨う母親とヘロイン漬けの息子。そんな2人を通して現代社会の悲劇の顛末を斬新な映像で描いた、ダーレン・アロノフスキー監督が放つ衝撃のリアルホラー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi