石井裕也監督、池松壮亮の秘めた闘志を感じ「一緒に戦えると思った」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年6月8日 > 石井裕也監督、池松壮亮の秘めた闘志を感じ「一緒に戦えると思った」
メニュー

石井裕也監督、池松壮亮の秘めた闘志を感じ「一緒に戦えると思った」

2014年6月8日 16:30

石井裕也監督と池松壮亮「ぼくたちの家族」

石井裕也監督と池松壮亮
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 公開中の映画「ぼくたちの家族」の大ヒット記念トークイベントが6月7日、都内の劇場で行われ、出演の池松壮亮石井裕也監督が出席した。

バラバラだった家族が母親の病気をきっかけに本音をぶつけ合い、再び団結していく姿を描いた家族の物語。映画・ドラマ・舞台と引っ張りだこの池松は、「自分が役者に向いてると思ったことがない」と謙そんしながら、「『芝居してる時は何も考えてない』と言いたいところだけど、天才じゃないから打算的になる部分が絶対にある」と“左脳派”な一面を吐露。そして、「言葉にできない映画を作ったことに満足はある。映像で戦うなら言葉に負けたくないなと思う」と熱く語った。

石井監督は、「余命モノ、家族モノと思われがちだけど、それ以上の広がりがある気がしている。若い世代は親世代の負の遺産を受け入れて立ち上がらないといけない」と、家族ドラマの枠組みを超えて浮かび上がるテーマを語った。すると池松も、「家族と向き合うことは人と向き合うこと。人と向き合うことは今の社会と向き合うことだと思う」と深く賛同していた。

池松は石井監督全作品のファンだといい、「石井さんの『映画より大切なことがあるから映画をやっている』という言葉が今でも胸に刺さってる。映画の力を軽んじてるわけじゃなく、むしろ映画の力を心底信じてるということ」と共感しきり。石井監督も、「初めて出会った時から池松君は戦ってる感じがした。抗いながら模索してる感じが伝わってきて、この人とは一緒に戦えると思った」と本作で念願の“共闘”を果たした。さらに、「怒りのようなメラメラしたものを秘めていて、心の中が暴れているのが目に出ている。なのでアップを撮るとドキっとするような顔をするタイプ」と評し、「責任感や男気がある。本物!」と褒め合っていた。

舟を編む 豪華版DVD【初回限定生産】[DVD] 舟を編む 豪華版DVD【初回限定生産】[DVD] 最安価格: - 2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説を、石井裕也監督が実写映画化。
大人ドロップ[DVD] 大人ドロップ[DVD] 最安価格: ¥3,175 樋口直哉原作小説「大人ドロップ」を実写映画化した青春映画の決定版。出演:池松壮亮

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi