芦田愛菜ちゃん、新しい顔満載の「円卓」で関西弁連発「うっさい、ボケ!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年6月1日 > 芦田愛菜ちゃん、新しい顔満載の「円卓」で関西弁連発「うっさい、ボケ!」
メニュー

芦田愛菜ちゃん、新しい顔満載の「円卓」で関西弁連発「うっさい、ボケ!」

2014年6月1日 20:30

舞台挨拶に立った芦田愛菜ちゃんと 共演の青山美郷と行定勲監督「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」

舞台挨拶に立った芦田愛菜ちゃんと
共演の青山美郷と行定勲監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気子役の芦田愛菜ちゃんが6月1日、初の映画単独主演を務めた「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」の試写会で、共演の青山美郷行定勲監督とともに舞台挨拶に立った。

人気作家・西加奈子氏の小説を映画化。大阪の団地で暮らす好奇心おう盛な小学3年生・こっこ(愛菜ちゃん)が、にぎやかな家族やクラスメイトたちに囲まれ成長していくひと夏を、笑いや涙を交えて描き出す。

兵庫出身の愛菜ちゃんは、「大阪弁のお芝居はテンポが良くて楽しかった!」と久々の関西弁を満喫。“普通”が大嫌いなこっこを演じ、「こっこは孤独を愛しているけど、私はみんなが集まっている輪の中に『私も入れてー』って入っていく方なのでそこは似ていないかも。男子たちに『こらー、何してんねん!』って向かっていくところは似ていると思う」と快活な一面を明かした。また、家族が円卓を囲んで食事をするシーンでは「皆さんアドリブがすごくて、セリフじゃないセリフがどんどん出てくる。みんな何を言うのかなって考えるのは、ドキドキしたけど楽しかった」。行定監督は、「愛菜ちゃんにはこっこを知りたいという探究心があった。他ではあんまり見ない顔をしているし、色々な顔を見せてくれた」と満足げだった。

こっこの3つ子の姉を1人で演じ分けた青山は、「1人1人の歴史を役作りノートに書いていた。中盤から分からなくなってきちゃったけど、監督にアドバイスをいただいたり、愛菜ちゃんが『こんな時3つ子なら何て言うかな?』と言っていたことなども勝手に参考にさせてもらった」と初出演映画ながら見事に難役をこなした。

最後に愛菜ちゃんは、「こっこちゃんは自分の気持ちを正直に言ってしまうだけで困った子じゃない。私も大好きな映画になったので、皆さんも好きになってもらえたらうれしい」と語り、こっこの決めゼリフ「うっさい、ボケ!」と元気に叫んだ。

円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」は6月21日より公開。

くじけないで[DVD] くじけないで[DVD] 最安価格: ¥3,006 あなたに日々を生き抜く勇気を贈ります200万部ベストセラーを生み出した“90歳からの詩人”柴田トヨの激動の半生を描く、感動作!出演:芦田愛菜
【初回数量限定生産】パシフィック・リム 3D&2D ブルーレイセット[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回数量限定生産】パシフィック・リム 3D&2D ブルーレイセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 。監督ギレルモ・デル・トロが圧倒的スケールと迫力で描く、SFアクション超大作!出演:芦田愛菜

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi