「罪の手ざわり」ジャ・ジャンクー監督「暴力は人間の本質的な問題」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年5月30日 > 「罪の手ざわり」ジャ・ジャンクー監督「暴力は人間の本質的な問題」
メニュー

「罪の手ざわり」ジャ・ジャンクー監督「暴力は人間の本質的な問題」

2014年5月30日 18:20

ジャ・ジャンクー監督「罪の手ざわり」

ジャ・ジャンクー監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第66回カンヌ映画祭で脚本賞を受賞したジャ・ジャンクー監督の最新作「罪の手ざわり」が5月31日公開する。中国でここ数年の間に実際に起きた犯罪や事件を下敷きにした4つの物語が展開する本作は、著しい経済発展を遂げた中国の現代社会のひずみが引き起こす暴力を描きながら、京劇や武狭映画という伝統的な大衆娯楽の要素も織り交ぜ、力強い映像で観客をスクリーンに引き付ける。まさにジャ監督の新境地といえる作品だ。

会社の汚職で長年利益を吸い上げられてきた山西省の炭鉱夫、家族に出稼ぎ先を隠して、送金を続ける重慶の男、妻子ある男とかなわぬ恋を続ける湖北省の女、ナイトクラブのダンサーとの恋に苦悩する広東省の男、それぞれが抱える事情から犯罪に手を染めてしまった4人の生き様を映し出す。

中国版twitter「微博(ウェイボー)」をはじめとしたウェブメディアが急速に広まり、中国全土で起きた事件を誰もが即時に知ることができるようになったことから「中国での人と人のつながり、社会に対しての向き合い方が変わったと感じた」ことが本作製作のきっかけだ。


画像2

(C)2013 BANDAI VISUAL, BITTERS END, OFFICE KITANO
[拡大画像]

4つの事件をそれぞれ忠実にドラマ化しても重厚な作品になるテーマだが、あえてフィクション面で幻想的なシーンやアクションなど娯楽性を盛り込んだ。非現実的でファンタジックな表現を取り入れることは偶然思いついたものだという。「すべて現代で起きた事件ですが、これがもし昔だったらアクション映画になるのではないか。例えば明時代であれば、乱世の中で政治や家庭など社会のストレスを受けた登場人物が反抗するキン・フー監督の武狭作品のような。一方、どのように暴力を表現するかと考えたときに、私自身の生活の中に暴力が存在しないので、私の想像による現実を超えたシュールな雰囲気が生まれたのです。事件を伝えるニュースはパブリックな立ち位置で報道されますが、映画においては、そのとき個人はどうだったのかを考えたときに、イマジネーションが生まれるのです」

今回、チアン・ウー、ワン・バオチャンら大スターと無名の俳優陣を同時に起用した。セリフのないシーンの表情ひとつからも、過酷な環境に身を置くそれぞれの登場人物の生きざまが伝わってくる。「今回は有名な役者を起用しましたが、その人たちが有名であるかどうかは僕にとってはあまり重要なことではないのです。一番気にかけたのは、これまでの私の作品でもそうですが、日常生活の中で生きていくところを自然に演じられるかという部分、そしてそれだけではなく、暴力シーンなどで、劇的なお芝居としての力を持っている人。その両方を持っている人を考えてのキャスティングです」

これまでの作品も高い評価を世界で得ている一方、中国で公開されないことにジレンマはないのかと問うと、「もう10年以上映画を作り続けているので、それについてはとても穏やかになりました(笑)。今作に関しては、これまでのものを打ち破って作ったテーマで、暴力そのものが中国では容認されない題材です。外国の皆さんは、まず中国当局の圧力を考えると思いますが、保守的なのは社会の問題。観客もまたしかりなのです。受け入れられるかどうかというのは、国だけの問題ではありません。ですから、そういう中で僕はこの題材、方法を選んだので、忍耐強くいたいと思っています」

そんな現状が続くなかでも、長年にわたり現代中国社会を切り取った作り続けている。やはり今の中国を世界に伝えたいという使命感から題材を選んでいるのだろうか?「私は特別に使命感を持って、中国社会を描いた作品を作ろうと思っているわけではありません。やはり映画を作ることは、人間の気持ちに根ざして撮っていくもの。その中で、その背景に置かれる社会の描写が深いときも、浅いときもある。私が今回の作品の素材にひかれたのは、暴力には様々な暴力の形があり、日常生活にぽとりと落ちてきた暴力がだんだん広がって形になってしまうということなのです」

そして最後に「人間の歴史は暴力の歴史だと思います。それは地域差があることではなく、世界のどこにでも存在します。私が強調したいのは暴力は社会の問題だけではなく、人間の本質的な問題でもあるということ。この作品ではそれを語っていますし、日本皆さんにも見てもらえたら」と結んだ。

四川のうた[DVD] 四川のうた[DVD] 最安価格: ¥3,240 『長江哀歌』のジャ・ジャンクー監督が贈る傑作。三国志の舞台、四川省・成都。中国の繁栄と衰退を象徴する国営工場が50年にわたる歴史の幕を降ろす。それぞれの時代と、それぞれの家族を支えた労働者たちが語る人生から、中国の大きなうねりが紐解かれてゆく壮大な叙事詩。
長江哀歌[DVD] 長江哀歌[DVD] 最安価格: ¥5,400 2006年ベネチア国際映画祭で金獅子賞グランプリを受賞した名匠ジャ・ジャンクー監督の傑作『長江哀歌』をDVD化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi