フランソワ・クリュゼが過酷な海上ヨット撮影に挑んだ「ターニング・タイド 希望の海」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年5月30日 > フランソワ・クリュゼが過酷な海上ヨット撮影に挑んだ「ターニング・タイド 希望の海」
メニュー

フランソワ・クリュゼが過酷な海上ヨット撮影に挑んだ「ターニング・タイド 希望の海」

2014年5月30日 13:50

フランソワ・クリュゼ「ターニング・タイド 希望の海」

フランソワ・クリュゼ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界中で大ヒットしたフランスの感動作「最強のふたり」のフランソワ・クリュゼ主演作「ターニング・タイド 希望の海」が、5月31日から公開される。単独無寄港で世界一周を目指すヨットレースに挑む男と少年の友情を描いた作品で、クリュゼの出演シーンのほとんどが実際のレース用ヨットの上で撮影された。ベテラン俳優クリュゼにとって、海上でのロケはどのようなものだったのだろうか。

過酷な条件で知られる世界一周ヨットレース「ヴァンデ・グローブ」に出場したヤンは、船の修理のために停泊したカナリア諸島沖でモーリタニア人の少年がヨットに乗り込んでいたことに気づく。単独でレース完遂が条件のため、少年が乗っていることが明らかになれば失格になってしまうが、ヤンはそのままレースを続行する。

実際の単独レース用ヨット上での撮影は、これまで80本以上の映画に出演してきているクリュゼにとっても特別な経験となった。「今回、初めてアドベンチャーを実際に体験する仕事だったんだ。それもきわめて例外的な撮影条件のもとにね。朝7時にヨットで出発して、夜9時に陸に戻ってくるという撮影だった。ヨットには18人が乗船して、とにかく狭くてひしめきあうような状態だったんだ。そのヨットは撮影のために作られたヨットではなかったからね」


画像2

[拡大画像]

撮影は、ブルターニュで1カ月、そしてカナリア諸島で1カ月かけて行われた。「ヨット上の私を中心に展開していくストーリーは、それだけでもこれまで挑戦したことのない、非常にオリジナルな企画だったね。撮影は危険と背中合わせだったにもかかわらず、素晴らしくうまくいった。この映画は、今までの撮影の中でも最高の思い出を残してくれたんだ」と振り返る。

大海原のヨットは急な高波にあおられることもあり、立っていられないほどの悪天候に遭遇したヤンの姿を映す臨場感あふれる映像に息を呑む。「私は役者として、できる限り真実を描き出したいと思っている人間だ。なので映画を見た家族には『こういう映画にはあまり出ちゃいけない。あなたを失いたくない』と言われたけどね。今回、気づいたのは、自分が役者として燃えるのは、最高のリスクを冒す人物を演じるときなんだ」と本作への深い思い入れを語る。

「とりわけ私の家族は日本文化を敬愛し、日本人にそなわった礼儀正しさを敬意を抱いている」と語り、文化や和食などあらゆる面で日本びいきだと話す。来年は妻と共に1カ月日本に滞在する予定だという。「日本の映画監督と仕事ができるなら狂喜乱舞するだろうね。私はどちらかというと日本文学の方が日本映画よりも詳しいんだ。奥田英朗の精神科医・伊良部シリーズのフランス語訳をもっと読みたいんだ。日本ではすでに映画化やテレビドラマ化もされているようだね。フランスでは全て翻訳されているわけではないからもっと読みたいし、伊良部の冒険を私自身が監督で映画化したいと思っているくらいなんだ」と明かした。

君のいないサマーデイズ[DVD] 君のいないサマーデイズ[DVD] 最安価格: ¥3,547 男女12人、それぞれの夏物語が始まる。マリオン・コティヤール、ジャン・デュジャルダン他、豪華キャストで贈る、人生の節目を迎えた男女12人が織り成す恋愛群像劇!出演:フランソワ・クリュゼ
主婦マリーがしたこと[DVD] 主婦マリーがしたこと[DVD] 最安価格: - 名匠クロード・シャブロル監督による、実話をもとにした異色の社会派サイコ・サスペンスの名作!第45回ヴェネチア国際映画祭にて、イザベル・ユペールが主演女優賞を受賞。出演:フランソワ・クリュゼ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi