メキシコの鬼才カルロス・レイガダス、カンヌ受賞作「闇のあとの光」を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年5月29日 > メキシコの鬼才カルロス・レイガダス、カンヌ受賞作「闇のあとの光」を語る
メニュー

メキシコの鬼才カルロス・レイガダス、カンヌ受賞作「闇のあとの光」を語る

2014年5月29日 14:45

カルロス・レイガダス監督「闇のあとの光」

カルロス・レイガダス監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 現代のラテンアメリカのアート映画をけん引するメキシコの鬼才カルロス・レイガダス監督の「闇のあとの光」が、5月31日から公開される。第65回カンヌ映画祭で監督賞を受賞した本作は、圧倒的な映像美と数々のメタファーに満ちており、その強烈な表現から、カンヌ上映後は賛否両論を巻き起こした。レイガダス監督が作品について語った。

映画はメキシコのある村に住む一家のもと、悪魔とも神ともとらえることのできる赤く発光した“それ”が訪問したことで、村人たちの心の闇があらわになり、平和な生活の歯車が狂いだしていく様を描く。

「私は映画を作る時、自分が何を感じ、何を考え、何を想像しているのかを伝えようとします。幸運なことに、それをするにあたって制限は存在しません。あるのは私自身の制限だけです。私には制限はありますが、それでも完全に自由だと感じています」と、自分の心のままにつくられた作品だと説明する。

タイトルにもある「光」については「『闇のあとの光』という表現は、劇中で主人公が経験することを完璧に言い表していると思いました。多くの人の人生がそうであるように、主人公の周りにはあまり光がありません。しかし最終的に彼は何かを見つけ、すべてのものが光り輝いていると言います。このモチーフを私はとても気に入っています。同じことを素晴らしいかたちで描いているのがトルストイの『戦争と平和』です。『戦争と平和』は私が今まで読んだ中でもっとも美しい小説です。インスパイアされたと言えるかもしれません」と語る。


画像2

(C)No Dream Cinema, Mantarraya Productions,
Fondo para la producci'on Cinematogr'afica
de Calidad (Foprocine-Nexico), Le Pacte, Arte France Cinema
[拡大画像]

日本ではこれまで本作を含めた長編4作品が東京国際映画祭で上映されたが、劇場公開は本作が初。カンヌの審査委員、各国の批評家の心を捉えたが、過去や未来や夢や幻想が一体となった唯一無二の作風を観客が平易な言葉で表現するのは困難だ。

「私が望むのは、これが力のある映画であってほしいということです。なぜなら要約できるものではないから。簡単に要約できるなら、(映画を見ないで、資料に載っている)あらすじを読めばいい。映画を見て、気に入った。それで充分です。映画から何かを受け取ったなら、それは素晴らしいこと。映画があなたに向かって何かを訴えかけた。その事実が何よりも重要です。それはまた私にとって最高の褒め言葉でもあります」

闇のあとの光」は、5月31日からユーロスペースほか全国順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

闇のあとの光[DVD] 闇のあとの光[DVD]最安値: ¥3,780
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi