マレーシア航空370便を題材にした映画、カンヌでインド監督が企画発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年5月20日 > マレーシア航空370便を題材にした映画、カンヌでインド監督が企画発表
メニュー

マレーシア航空370便を題材にした映画、カンヌでインド監督が企画発表

2014年5月20日 11:50

消息が途絶えたマレーシア航空機の資料写真

消息が途絶えたマレーシア航空機の資料写真
写真:Imaginechina/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]仏カンヌで開催中のフィルムマーケットで、インドのルーペシュ・ポール監督が、行方不明になっているマレーシア航空370便を題材にした映画企画「The Vanishing Act」の90秒間のティーザー映像を公開したことがわかった。

米バラエティによれば、匿名のマレーシア人ジャーナリストから持ち込まれた陰謀説をもとに、ポール監督が20日間で脚本を仕上げたという。3月8日に消息を絶ったマレーシア航空機で、実際に何が起きたのかを描くという。

憶測に基づいたフィクションとなっているため、劇場公開までに機体が発見され、映画とはまったく異なる真相が明らかになるリスクがあることは、ポール監督も認めている。なお、ポール監督の最新作は「カーマスートラ3D」で、今年公開予定。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi