スパイ映画さながら!? マンデラ氏の側近が明かす驚きの自伝執筆エピソード : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年5月16日 > スパイ映画さながら!? マンデラ氏の側近が明かす驚きの自伝執筆エピソード
メニュー

スパイ映画さながら!? マンデラ氏の側近が明かす驚きの自伝執筆エピソード

2014年5月16日 20:35

(左から)カトラダ氏、マンデラ氏、プロデューサーのアナント・シン「マンデラ 自由への長い道」

(左から)カトラダ氏、マンデラ氏、プロデューサーのアナント・シン
Photo by Dana Gluckstein.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 南アフリカの人種隔離政策アパルトヘイトの撤廃に尽力し、ノーベル平和賞を受賞したネルソン・マンデラ氏の壮絶な半生を映画化した「マンデラ 自由への長い道」の日本公開を前に、原作となったマンデラ氏の自伝執筆にスパイ映画さながらのプロセスがあったことを、同氏とともに投獄されていたアーメッド・カトラダ氏が明らかにした。

カトラダ氏は、「マディバ(マンデラ氏の愛称)が60歳になったとき、つまり私たちが刑務所で10年目を迎えたとき、今こそ政治声明を出す時期ではないかと考え、そのためには、彼に自伝を書いてもらうことが一番だと判断したのです」ときっかけを振り返る。「このことは、直接関わった私たち以外は誰も知りませんでした。秘密裏に進めたのです。最初にマディバが自身で原稿を書き、仲間に意見を求めたのち、それを含めた最終稿をマディバが執筆するというプロセス。その600ページにおよぶ原稿は、協力者によって、極めて小さな文字で清書されていました」という執筆の過程は、監視の目をかいくぐった、何年間にもおよぶスパイ映画のような地道な作業だった。

そして、その原稿は、収容所のあるロベン島から密かに持ち出されたが、マンデラ氏の激動の人生はそう簡単に書籍化できるものではなく、多くのリサーチが必要だったという。

カトラダ氏は、「実はマディバがロベン島で書いた原稿は、書籍化されたものほど内容の濃いものではありませんでした。あの本は事実確認の多くのリサーチ、客観的事実などの情報を重ねて、内容の精度を高めてから出版したものです。もちろん、マディバの原稿がなければ成立しないものです」と、出版までの苦労を明かす。結局、原書が刊行されたのは1994年、マンデラ氏が南アフリカ大統領に就任して半年が過ぎたころ、実に16年もの歳月が流れていた。

映画「マンデラ 自由への長い道」のプロデューサー、アナント・シンは、マンデラ氏が獄中生活を送っている時期から同氏の半生の映画化を相談しており、映画の原作として自伝の完成を待ったという。そして、マンデラ氏本人に出版前の原稿を見せられて映画化を託されるが、映画の完成にはさらに16年間を費やすことになる。

脚本を担当したウィリアム・ニコルソン(「レ・ミゼラブル」「グラディエーター」)は、自伝を基に、「妻のウィニーの視点やデクラーク元大統領(マンデラ氏の大統領就任直前の大統領)の視点なども交えてあります。原作以外に膨大にある彼らの視点から描かれたものから情報を得て、彼らの気持ちも反映しています」と、映画化に際してさらに物語に磨きをかけたことを明かす。自伝執筆からのべ32年間をかけて、壮大なヒューマンドラマが誕生した。

マンデラ 自由への長い道」は、5月24日から全国公開。

マンデラの名もなき看守[DVD] マンデラの名もなき看守[DVD] 最安価格: - 27年間囚われ、後の南アフリカ初の黒人大統領に就任したマンデラ氏の感動の実話を映画化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi