堂珍嘉邦、マルチな表現者・辻仁成に共鳴「同じレールを走っている」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年5月16日 > 堂珍嘉邦、マルチな表現者・辻仁成に共鳴「同じレールを走っている」
メニュー

堂珍嘉邦、マルチな表現者・辻仁成に共鳴「同じレールを走っている」

2014年5月16日 16:00

初の映画主演を務めた堂珍嘉邦「醒めながら見る夢」

初の映画主演を務めた堂珍嘉邦
[拡大画像]

[映画.com ニュース]人気デュオ「CHEMISTRY」の活動を休止し、現在はソロアーティストとして歩む堂珍嘉邦が、辻仁成が脚本・監督を手がける新作「醒めながら見る夢」で初の映画主演を務め、辻監督の作詞・作曲による主題歌を歌っている。ミュージシャン、そして“表現者”としてマルチな才能を発揮する辻監督に対し、堂珍は「先輩として尊敬しているし、クリエーターという意味では同じレールの上を走っている感覚がある。小説書いて、メガホン握って、ライブやって……。最高に恰好いいじゃないですか」と深く共鳴する。

2011年に堂珍が主演した同名舞台を、堂珍×辻の再タッグで映画化。舞台を京都に移し、人気演出家の優児(堂珍)が、元看板女優との結婚生活を通して、真実の愛を求めてさまよう姿が抒情的な映像でつづられる。「役作りそのものは、舞台も映画も変わらないですね。ただ、作品のトーンがかなり違うので、よりストイックな姿勢で臨んだつもり。愛あふれる現場だったから、こちらもミスできないという心地よい緊張感がありました」(堂珍)。

映画出演は玉木宏と共演した「真夏のオリオン」(09)以来2度目。俳優業に対して「今は何でも吸収したい」と意欲を見せる反面、「あくまで、音楽という軸があってのお芝居。シフトチェンジというわけではないんです」と一定の距離感を保っている。

「ミュージシャンとしてスポットライトを浴びてきた人間なので、自分の殻を破り、こだわりを捨てるのは難しいこと。それでも歳を重ねながら、自分がよりナチュラルで素直になっているから、その変化がうまく俳優業とかみ合えばいいですね。要は表現者として、いい現場、いい作品に出会いたいという気持ち」(堂珍)。

そんな熱意を受け止めるのが、言うまでもなく辻監督の存在だ。堂珍は「舞台から映画という流れのなかで、辻さんと僕の間にも師弟関係のようなものが生まれ、より信頼感が深まっている。今回の撮影では『このシーンは、こういう芝居をしたい』と僕発信で伝えられるようになりましたし」とリスペクトを惜しまない。

今年3月にはセカンドソロアルバム「Bronze Caravan」を発表し、バンドスタイルで全国ツアーを敢行し、新たなファン層を開拓しつつある。「いい流れが生まれつつありますね。だからこそ、音楽的にも気持ち的にもスタミナ切れしないのが第一。2回目の音楽人生がスタートした今、強い意志と突破力をもち続けたい」(堂珍)。9月には出演作「柘榴坂の仇討」(中井貴一主演)の公開も控えている。

醒めながら見る夢」は5月17日から全国で公開。

堂珍嘉邦 TOUR 2013 “OUT THE BOX”at Zepp DiverC...[DVD] 堂珍嘉邦 TOUR 2013 “OUT THE BOX”at Zepp DiverC...[DVD] 最安価格: ¥4,886 初の全国ツアー「堂珍嘉邦 TOUR 2013 “OUT THE BOX”」から、ファイナルである4月19日のZepp DiverCity Tokyoの模様を収録!!
OPEN HOUSE[DVD] OPEN HOUSE[DVD] 最安価格: ¥1,990 辻仁成の同名原作の映画化。行定勲監督による長編デビュー作。それぞれわけありの2人が、奇妙な出会いから奇妙な共同生活を始める。2人の男女が悩みながら前に進んでいく姿を叙情的に描いた作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ライフの評論 ライフ 「エイリアン」の衣鉢を継ぐ宇宙サスペンスは、予想をくつがえすラストがトラウマ級!
  • オクジャ okjaの評論 オクジャ okja 活劇の醍醐味に満ち、国境もジャンルも自在に超える少女と巨大怪物の大冒険
  • ヒトラーへの285枚の葉書の評論 ヒトラーへの285枚の葉書 兵役で息子を失った夫婦の孤独な抵抗。映画化に至る経緯も奇跡的
映画評論の一覧を見る
Jobnavi