北川景子、岡田圭右&濱田マリの称賛に「もっと言って!」と上機嫌 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年5月15日 > 北川景子、岡田圭右&濱田マリの称賛に「もっと言って!」と上機嫌
メニュー

北川景子、岡田圭右&濱田マリの称賛に「もっと言って!」と上機嫌

2014年5月15日 12:50

“腹黒”教師を演じた北川景子(中央)「悪夢ちゃん The 夢ovie」

“腹黒”教師を演じた北川景子(中央)
[拡大画像]

[映画.com ニュース]女優の北川景子が5月14日、東京・新宿バルト9で行われた「悪夢ちゃん The 夢ovie」の公開記念舞台挨拶に出席した。本作で“腹黒”教師を演じ、プロモーションの場でも自身の腹黒さをアピールしてきた北川は、この日も「いい人だと思われたい」「きれいだと言われたい」「どんな細かいお仕事もいただきたい」と本領を発揮していた。

恩田陸氏の小説を原案に、夢で未来が見えてしまう“悪夢ちゃん”こと結衣子と、彼女の悪夢を読み解く女性教師・彩未(北川)が事件を解決していく人気ドラマの劇場版。舞台挨拶には、同じ教師役で共演するお笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田圭右濱田マリが駆けつけた。

北川との初共演について「気持ちの切り替えのスイッチがすぐに入る」(岡田)、「こびない、格好良さがある」(濱田)。これには北川も「そうなんですよ。そういうことをもっと言ってください!」と上機嫌だったが、初対面の岡田の印象を「意外性がなかった」とバッサリ切り捨て、腹黒キャラは健在だ。

トークの話題が、劇中に登場する犬に似たかわいらしいキャラクター・夢獣(ゆめのけ)に及ぶと、北川は「映像ではCGですが、現場だとあれはただのぬいぐるみで、助監督さんが動かしている」と暴露。さらに「汚くなると、スタッフさんが洗濯していた」と舞台裏を明かし、「子どもの夢が壊れる」と岡田が冷や汗を流す場面も。それでも、最後は「このシリーズの良さは、結末を見せすぎないこと。ご家族や友だち同士で話し合ってもらえれば」と真摯な姿勢をのぞかせた。

悪夢ちゃん Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 悪夢ちゃん Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥19,375 コミカルで、摩訶不思議で、痛快なSF学園ファンタジー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi