“ゾンビフリーク”片岡亀蔵、ゾンビに「もはやなりたい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年5月15日 > “ゾンビフリーク”片岡亀蔵、ゾンビに「もはやなりたい」
メニュー

“ゾンビフリーク”片岡亀蔵、ゾンビに「もはやなりたい」

2014年5月15日 21:30

ゾンビ愛を語った片岡亀蔵「ゴール・オブ・ザ・デッド」

ゾンビ愛を語った片岡亀蔵
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌舞伎役者の4代目片岡亀蔵が5月15日、公開中のゾンビ映画「ゴール・オブ・ザ・デッド」のトークイベントに出席。宮藤官九郎が手がけたゾンビ歌舞伎「大江戸りびんぐでっど」に出演した片岡は、「1番好きな映画は『ゴッドファーザー』だけど、次に来るのはゾンビ!」と“ゾンビフリーク”ぶりを明かした。

映画は、人気サッカーチームの試合にゾンビが乱入したことで、人間とゾンビ化したサッカー選手が大乱闘を繰り広げるフランス発のゾンビアクション。来月からブラジルで開催されるFIFAワールドカップで盛り上がる昨今、片岡も「タイムリーで完璧。ゾンビを見て色々な人生を楽しむ。世の中うまくいかないんですよ」としみじみ。そして、「SF映画などは昔からあんまり興味がなく、気持ち悪くて人が行かないものにはなぜか興味があった。痛い、目に刺さる、血、内蔵とか。今はゾンビを見ると落ち着く」と意外な趣向を明かした。

5月31日から1週間限定で再上映される「シネマ歌舞伎 大江戸りびんぐでっど」は、江戸時代に現れた“存鼻”(ゾンビ)が人間の代わりに派遣社員として働くという奇抜な物語。片岡は、「舞台上でずっとゾンビの格好をしているのは本当に大変だった。マッサージ代を請求したいくらい」と冗談で笑わせた。

そんな片岡にとって、ゾンビとは「もはやなりたいもの。退治している方は疲れてつらい。ある程度は頑張って抵抗するけど、その後はさっさと噛まれてなっちゃいたい」と秘めた願望を吐露していた。

シネマ歌舞伎 大江戸りびんぐでっど[Blu-ray/ブルーレイ] シネマ歌舞伎 大江戸りびんぐでっど[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,802 宮藤官九郎作・演出の歌舞伎をBlu-ray化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi