「第二回 新・午前十時の映画祭」、初登場の日本映画が出足好調 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年5月12日 > 「第二回 新・午前十時の映画祭」、初登場の日本映画が出足好調
メニュー

「第二回 新・午前十時の映画祭」、初登場の日本映画が出足好調

2014年5月12日 16:05

「第二回 新・午前十時の映画祭」ポスター「さらば、わが愛 覇王別姫」

「第二回 新・午前十時の映画祭」ポスター
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 4月5日に全国52スクリーンで「第二回 新・午前十時の映画祭」が開幕し、5年目となる今年は初めてラインナップに加わった日本映画が好調なスタートを切った。

「世界の名作をニュープリントで上映する」をコンセプトに掲げ、2010年に「午前十時の映画祭」として始まった同映画祭は、昨年、すべての上映をデジタル素材(DCP)に切り替え「新・午前十時の映画祭」として再出発。その第2回となる今回のラインナップには、初めて日本映画8作品が加わり、新たにセレクトされた洋画11本、これまでに上映したなかで特に人気の高かった洋画6本の厳選された25本が並ぶ。

今回は「オズの魔法使」「さらば、わが愛 覇王別姫」「ブラック・レイン」の3作品から始まり、初日4月5日から18日までの2週間での観客動員数は1万3894人(前年比74.7%)、興行収入は1353万1100円(前年比76.1%)という結果に。

続く4月19日から、初登場となる日本映画のうち「細雪(1983)」「仁義なき戦い」「幸福の黄色いハンカチ」の3作品が公開。5月2日までの2週間で、動員数1万4630人、興収が1439万1100円を記録し、先の洋画オープニング3作品と比べると動員数は105.3%となった。ここまでの上映作6本の動員数トップ3は、第1位「細雪」、第2位「仁義なき戦い」、第3位「さらば、わが愛 覇王別姫」で、邦画人気がうかがえる結果となっている。

GW後半戦の5月3日からは、これまで映画祭で人気の高かった「サウンド・オブ・ミュージック」「シャレード(1963)」「スティング」が上映され、5月6日までの連休中4日間で約7000人を動員、名作の安定した人気の高さをみせた。

「第二回 新・午前十時の映画祭」は東京・TOHOシネマズ日本橋をはじめ全国52スクリーンで開催中。各作品2週間ずつ、計50週にわたって上映される。

オズの魔法使[Blu-ray/ブルーレイ] オズの魔法使[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥971 ファンタジー映画の原点ともいえるジュディ・ガーランド主演の’39年度作品。魔法の国へと迷い込んだドロシーと仲間たちの冒険と成長を描いた作品。
さらば、わが愛 覇王別姫[DVD] さらば、わが愛 覇王別姫[DVD] 最安価格: - 1920年代から50年間に及ぶ中国の激動の時代を背景に、少年時代から京劇養成所で厳しい訓練を受けながらも兄弟のようにかばいあい慕いあって成長した2人京劇俳優の愛憎をチェン・カイコー監督が描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi