栗原類、母娘の愛憎描いた「ヴィオレッタ」で親子関係を分析 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年5月10日 > 栗原類、母娘の愛憎描いた「ヴィオレッタ」で親子関係を分析
メニュー

栗原類、母娘の愛憎描いた「ヴィオレッタ」で親子関係を分析

2014年5月10日 17:40

映画「ヴィオレッタ」を語った栗原類と清川あさみ「ヴィオレッタ」

映画「ヴィオレッタ」を語った栗原類と清川あさみ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]1977年に母親が幼い娘のヌードを撮影し物議をかもした写真集を題材にした仏映画「ヴィオレッタ」が5月10日、東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで封切られ、モデルで俳優の栗原類が公開記念イベントに出席。アーティストの清川あさみとともに、本作について語り合った。

イザベル・ユペール主演の本作は、仏女流写真家のイリナ・イオネスコの娘で、「エヴァ」の被写体となったエバ・イオネスコがメガホンをとり、母娘の歪んだ愛と葛藤(かっとう)を描き出す。ユペールがイリナをモデルにした母アンナ、本作で女優デビューを果たした気鋭女優のアナマリア・バルトロメイが美しい娘ヴィオレッタを演じた。

栗原は、本作を「アートとは何か、親子関係の深さ、人間とは何かを考えさせられる作品」と説明し、幼少期からモデルとして活躍してきた経験を振り返りながら「この作品は撮る側と撮られる側が他人ではなく、親子というお互いを知っている関係。母親と娘の関係性も強かったのでは」と分析。母娘の愛憎、アートの領域などのテーマに触れ、「(アンナは)娘を写しながら、自分も絵(写真)のなかにいるということを見せることで、モラルよりもエゴが大きくなったんだと思う。誰が悪いということではなく、今の人たちは共感できると思う」と語りかけた。

さらに、「(アンナは)自分が崩れる前に彼女なりの助けを求めていたのでは。自分の考えを娘に押し付けたことでケンカもあったけれど、そこでは自分の思うことをそのまま出していた。心の中では間違っていたという思いもあったのだろうし、ある意味では被害者のひとり」と熱弁。自身については「母親は普通すぎて特に面白みもありません。普通のいい親子だと思う」と話し、「母の日はノーコメントです。この記事を見たら期待しちゃうから」と笑いを誘った。

写真と刺繍(ししゅう)を融合させた「美女採集」など、女性の美を引き出してきた清川は「女性視点で、少女が最初は嫌がっていたのに、だんだん注目を集めることで女性としてエゴが目覚めていく様子、母親の欲望やエゴなど心の動きがすごく面白かった」。栗原とは、初の男性作品「男糸 danshi」でコラボレーションしており、「見た目よりも中身の美しさにひかれ、個性を感じる瞬間が1番美しいと感じる。類君は特殊で、見た目もキレイで美しい人だと思った」と述懐。栗原は、「清川さんの写真はその人の内面を引き出して、美しい部分、醜い部分、人間とは何かを表現している。清川さんにもそういう部分があるのかな」と信頼を寄せていた。

眠れる美女[DVD] 眠れる美女[DVD] 最安価格: ¥4,010 イタリア全土を揺るがした尊厳死事件をテーマに愛と生死の深淵を見つめる社会派ドラマ。出演:イザベル・ユペール
ピアニスト[DVD] ピアニスト[DVD] 最安価格: ¥1,071 一流のピアニストになるため、ピアノ以外のことを束縛されて育ってきた中年女性と、その彼女を愛してしまった年下の男性の苦悩に満ちた切ない恋を描いた作品。出演:イザベル・ユペール

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi