「グランド・ブダペスト・ホテル」石川三千花がウェス・アンダーソンのセンスをべた褒め : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年5月8日 > 「グランド・ブダペスト・ホテル」石川三千花がウェス・アンダーソンのセンスをべた褒め
メニュー

「グランド・ブダペスト・ホテル」石川三千花がウェス・アンダーソンのセンスをべた褒め

2014年5月8日 12:50

イラストレーターの石川三千花氏(右)とジャーナリストの萩原麻理氏「グランド・ブダペスト・ホテル」

イラストレーターの石川三千花氏(右)とジャーナリストの萩原麻理氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ウェス・アンダーソン監督の最新作「グランド・ブダペスト・ホテル」無料上映会が5月7日TOHOシネマズ日本橋で開催され、イラストレーターの石川三千花氏と、ジャーナリストの萩原麻理氏が上映後にトークショーを行った。

ヨーロッパ随一の高級ホテル「グランド・ブダペスト・ホテル」伝説のコンシェルジュとして知られるグスタヴ・Hが、顧客のマダムDの殺害事件に巻き込まれ、ホテルの威信を守るため、若きベルボーイのゼロ・ムスタファを伴い、ヨーロッパを駆けめぐる。グスタヴ・Hを演じるレイフ・ファインズを筆頭に、エイドリアン・ブロディウィレム・デフォーハーベイ・カイテルジュード・ロウビル・マーレイティルダ・スウィントンら豪華キャストが結集した。

今回で3回目の鑑賞だという石川氏は、「見るシーンすべてがおしゃれ。見るごとにどんどん好きになる。ファッションから何からこだわっていて、アイテムひとつひとつがおしゃれなだけでなく、意味を持っている」といい、「ティム・バートンも好きだけど、彼はどちらかというとアートの方向。でもウェスは私たちと同じレベルで、ファッション雑誌のようなおしゃれさを見せてくれる」とアンダーソン監督の美的センスをべた褒め。萩原氏は「アメリカ人がヨーロッパに行って感じた面白さとかわいさを取り入れている。消えていく世界に対するノスタルジーが感じられる」と分析した。

美術面だけでなく人物設定のこだわりにも触れ、「グスタヴはヨーロッパの高慢ちきな嫌なやつではなくて、人情味のあるキャラクター。多面的な面白さがある。グスタヴとゼロのふたりの関係にほろりときた」(石川)、「ウィレム・デフォーのスキーシーンなど、ヨーロッパならではのミニチュアストップモーション・アニメーションが見どころ」(萩原)と、それぞれのお気に入りの場面を挙げた。

グランド・ブダペスト・ホテル」は6月6日全国公開。

ダージリン急行[Blu-ray/ブルーレイ] ダージリン急行[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 ウェス・アンダーソン監督による希望と再生のロードムービー。
ムーンライズ・キングダム[Blu-ray/ブルーレイ] ムーンライズ・キングダム[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,836 誰もが心を奪われる、ハッピーで愛おしい、小さな島の大冒険!ウェス・アンダーソン監督が贈る珠玉の作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi