野村周平、初主演映画「クジラのいた夏」舞台挨拶で共演者のネタばれメッセージにダメ出し : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年5月3日 > 野村周平、初主演映画「クジラのいた夏」舞台挨拶で共演者のネタばれメッセージにダメ出し
メニュー

野村周平、初主演映画「クジラのいた夏」舞台挨拶で共演者のネタばれメッセージにダメ出し

2014年5月3日 14:24

満員の客席に笑みを 浮かべる野村周平ら「クジラのいた夏」

満員の客席に笑みを
浮かべる野村周平ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 若手俳優の野村周平が5月3日、主演映画「クジラのいた夏」が封切られた東京・シネマート新宿で初日舞台挨拶を行った。共演の松島庄汰吉田康弘監督とともに登壇した野村は、満席の会場を見渡し「たくさんの人に来ていただいて、ものすごくうれしい」と満面の笑みを浮かべた。

野村にとっては単独での初主演映画で、「皆さんに見てもらうプレッシャーもありましたけれど、役をやるプレッシャーが一番大きかった。でも、この作品への思い入れはすごかったと思う」と強調。「江ノ島プリズム」に続いて起用した吉田監督も、「すごく気合が入っていた。刃物を持っているようなギラギラした感じがあふれていて頼もしかった」と称えた。

人生の目標を持てずに上京するかどうかで悩む地方都市の青年チューヤを軸とした仲間4人による青春ストーリー。神戸出身の野村は、「高校に入ってからこの仕事を始めたので、仕事で東京に行くときに友達がお別れ会を開いてくれて、新幹線のホームまで来てくれた。その頃を思い出すことが多かったですね」と撮影を振り返った。

メインキャスト4人のうち浜尾京介は今年2月に芸能活動を休止、松岡卓弥はスケジュールの都合で欠席したが、ビデオメッセージを寄せた。だが、松岡が印象に残ったシーンという質問に対し、「消火器をぶちまけるシーンですね」と話した途端、野村は「それ言っちゃ、ダメでしょ」とダメ出し。実はストーリーの根幹に関わるシーンだったが、映像は「思いっきりぶちまけて気持ち良かった。本気で楽しんでいました」と続いたため、「ネタばれ満載でしたね。松岡くんはムードメーカーでいつでも元気だったので、彼らしくて面白い」と苦笑いしながらフォローしていた。

パズル DVD[DVD] パズル DVD[DVD] 最安価格: ¥1,642 山田悠介の大ベストセラーにして代表作が、狂気の映画化。心に深い闇を抱えた少女と、それに激しく共鳴する少年。二人の鬱屈が重なり合う時…。世のモラルに問いかける、破壊と衝動の傑作バイオレンス・ムービー!出演:野村周平
メイキング・オブ クジラのいた夏 僕等のモラトリアム撮影日記[DVD] メイキング・オブ クジラのいた夏 僕等のモラトリアム撮影日記[DVD] 最安価格: ¥3,201 野村周平、松島庄汰、浜尾京介、松岡卓弥、出演映画「クジラのいた夏」(吉田康弘監督作品)の撮影舞台裏に密着したメイキングDVD!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi