山梨放送60周年映画「太陽の坐る場所」レミオロメン藤巻亮太が主題歌書き下ろし : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年5月1日 > 山梨放送60周年映画「太陽の坐る場所」レミオロメン藤巻亮太が主題歌書き下ろし
メニュー

山梨放送60周年映画「太陽の坐る場所」レミオロメン藤巻亮太が主題歌書き下ろし

2014年5月1日 07:00

「太陽の坐る場所」の一場面「太陽の坐る場所」

「太陽の坐る場所」の一場面
(C)2014「太陽の坐る場所」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 山梨放送開局60周年記念映画で、直木賞作家・辻村深月氏の小説を矢崎仁司監督が水川あさみ主演で映画化する「太陽の坐る場所」の主題歌を、レミオロメンのボーカル藤巻亮太が担当することがわかった。山梨出身の辻村氏と矢崎監督、そして藤巻が加わり山梨県人のパワーが結集した映画となった。

2012年のレミオロメンの活動休止以降、ソロとして活躍の場を広げている藤巻にとって、初の映画主題歌となる「アメンボ」は、矢崎監督からのラブコールに応じ、映画とリンクするイメージで書き下ろした最新曲。劇中では、水川演じる地方局のアナウンサー高間響子が、自身のラジオ番組内で曲を口ずさむという形で、レミオロメンの名曲「永遠と一瞬」もフィーチャーされている。

映画は辻村氏が得意とする地方都市を舞台に、高校卒業から10年目の同窓会でかつての同級生たちの交錯する思いが描かれた原作に矢崎監督がほれ込み、自らが脚本も担当。共演に木村文乃三浦貴大森カンナ鶴見辰吾らが顔をそろえ、矢崎監督の豊かな心理描写と細やかな演出で物語をつむぎ出す。

太陽の坐る場所」は10月全国公開。

失恋ショコラティエ DVD-BOX[DVD] 失恋ショコラティエ DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥19,046 松本潤主演!若き天才ショコラティエの甘く切ない「片想い」一度食べたらやみつきになるスイーツ・ラブコメディ!出演:水川あさみ
10th Anniversary TOUR 2010“花鳥風月”[DVD] 10th Anniversary TOUR 2010“花鳥風月”[DVD] 最安価格: - 全国47都道府県64公演を行なった「レミオロメン 10th Anniversary TOUR 2010“花鳥風月”」の中から、地元・山梨での凱旋ライヴをDVD化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi