「フラッシュ・ゴードン」が20世紀フォックスで再映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年4月28日 > 「フラッシュ・ゴードン」が20世紀フォックスで再映画化
メニュー

「フラッシュ・ゴードン」が20世紀フォックスで再映画化

2014年4月28日 12:30

「テッド」も大好きな 「フラッシュ・ゴードン」がリブート「フラッシュ・ゴードン」

「テッド」も大好きな
「フラッシュ・ゴードン」がリブート
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] カルト的な人気を誇るSF映画「フラッシュ・ゴードン」(1980)が、米20世紀フォックスによって再映画化されることになった。ここ10年ほどリメイク企画が浮上しては頓挫を繰り返していたが、このほど同スタジオが映画化権を獲得し、新たにプロジェクトを始動させた。

冒険家フラッシュ・ゴードンが恋人デイルとザーコフ博士とともに惑星モンゴへ旅立ち、地球征服を企むミン皇帝と戦うアドベンチャー。原作は1934年に米国の新聞に連載されていたアレックス・レイモンドの同名漫画で、ジョージ・ルーカスが映画化を切望していたことでも知られる。

エイリアンVS.プレデター」「クロニクル」のプロデューサー、ジョン・デイビスが1年以上におよぶ交渉の末に映画化権を獲得。デイビスとともにプロデュースを担当するジョージ・ノルフィ(ボーン・アルティメイタム」「アジャストメント」の脚本家)が、トリートメントの作成にあたっている。これをもとに、シリーズ最新作「スター・トレック3(原題)」の脚本家ジョン・D・ペインパトリック・マッケイが脚本を仕上げる。

マイク・ホッジス監督がメガホンをとった80年版では、サム・ジョーンズがタイトルロールを演じ、マックス・フォン・シドーティモシー・ダルトンらが出演。ロックバンド「クイーン」が音楽を担当しており、主題歌「フラッシュのテーマ」も有名だ。それ以前にも、36年から40年にかけてユニバーサルがバスター・クラブ主演で映画化し、3作品を公開。79年にテレビアニメ化、2007年にはテレビドラマ化もされている。今回の映画化は80年版のリメイクではなく、リブートになるという見方が大半だ。

ちなみに、大ヒットコメディ「テッド」では80年版の本編映像が登場するほか、フラッシュ役を演じたジョーンズがカメオ出演している。

フラッシュ・ゴードン[DVD] フラッシュ・ゴードン[DVD] 最安価格: ¥1,080 「スターウォーズ」の原点とも言われるアメリカンコミックを映画化したSFアクション。サム・ジョーンズ、メロディ・アンダーソンほか出演。
クロニクル[Blu-ray/ブルーレイ] クロニクル[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,116 ごく普通の生活を送っていた高校生たちが、突如として超能力者として覚醒したことから思わぬ事態に身を投じていくSF作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi