日本映画批評家大賞に豪華映画人がズラリ 主演男優賞・松田龍平「日々まい進」と意欲新た : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年4月28日 > 日本映画批評家大賞に豪華映画人がズラリ 主演男優賞・松田龍平「日々まい進」と意欲新た
メニュー

日本映画批評家大賞に豪華映画人がズラリ 主演男優賞・松田龍平「日々まい進」と意欲新た

2014年4月28日 23:07

授賞式に出席した松田龍平「舟を編む」

授賞式に出席した松田龍平
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第23回日本映画批評家大賞の授賞式が4月28日、都内で行われ、「舟を編む」で主演男優賞を受賞した松田龍平、「ばしゃ馬さんとビッグマウス」で主演女優賞を受賞した麻生久美子、「箱入り息子の恋」で新人賞を受賞した星野源ら、2013年の日本映画を代表する映画人が顔をそろえた。

これまでも同作で数々の主演男優賞を受賞してきた松田は、「あまり実感がないけれど、こうして壇上に立つととてもうれしい。背中を押してもらった感じ。次の作品もあるので、日々まい進していきたい」と意欲を新たにした。シナリオライターを目指す女性役を好演した麻生は、「私の役が監督自身だったということを撮影の直前に知りプレッシャーを感じた。『夢がかなわない人たちを夢がかなった人たちがやるんだから、刺し違える覚悟でやらないといけない』という監督の言葉を聞き、改めて襟を正された思いだった」と語った。

凶悪」「そして父になる」で真逆ともいえる役柄を演じ分け、助演男優賞を受賞したリリー・フランキーは「45歳のうさんくさい時にいただいた新人賞が励みになったけれど、こうしてまた呼んでもらえてうれしい。(共演の)ピエール瀧ではなく私がいただきまして、本当にありがとうございます」と笑わせた。ゴールデングローリー賞を受賞したミッキー・カーチスも、「今年で芸能還暦。賞をもらうようなタイプじゃないけれど、今日こうしてこの場にいられるのも、去年入れたペースメーカーのおかげ。死ぬまで生きるつもりです」と冗談交じりに喜びを語った。

昨年、くも膜下出血のため休養していた星野は「ものすごい絶望を味わった」と胸の内を吐露しながら、「音楽の場では『役者が本業なんでしょ』、役者の現場では『音楽が本業なんでしょ』とからかわれ続けてきたけれど、やっと役者として認めていただけたのかな」と満面の笑み。初の映画出演作「カノジョは嘘を愛しすぎてる」で同じく新人賞を受賞した大原櫻子は、「一生の宝物。歌って踊れて演じられる女優になれるよう、日々鍛錬していきたい」と涙交じりに抱負を語った。

数々の名作に出演してきた大女優・有馬稲子は、喉のポリープ手術直後で発声できない状況ながらも式に駆けつけ、ダイヤモンド大賞を受賞した。

▽作品賞:「舟を編む

▽監督賞:吉田恵輔(「ばしゃ馬さんとビッグマウス」)

▽主演男優賞:松田龍平(「舟を編む」)

▽主演女優賞:麻生久美子(「ばしゃ馬さんとビッグマウス」)

▽助演男優賞:リリー・フランキー(「凶悪」「そして父になる」)

▽助演女優賞:伊藤蘭(「少年H」)

▽新人賞(小森和子賞):黒木華(「草原の椅子」)、大原櫻子(「カノジョは嘘を愛しすぎてる」)

▽新人賞(南俊子賞):星野源(「箱入り息子の恋」)

▽新人監督賞:中野量太(「チチを撮りに」)、白石和彌(「凶悪」)

▽ドキュメンタリー賞:アルタミラピクチャーズ(「オース!バタヤン」)

▽ゴールデングローリー賞(水野晴郎賞):加賀まりこ吉行和子ミッキー・カーチス

▽ダイヤモンド大賞(淀川長治賞):有馬稲子

▽アニメーション部門作品賞:「かぐや姫の物語

▽アニメーション部門監督賞:高畑勲(「かぐや姫の物語」)

舟を編む[Blu-ray/ブルーレイ] 舟を編む[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,309 吉田恵輔監督が、構想に7年かけたハートフル・ドラマ。出演:松田龍平
ばしゃ馬さんとビッグマウス(初回限定生産コレクターズ・エディション)[DVD] ばしゃ馬さんとビッグマウス(初回限定生産コレクターズ・エディション)[DVD] 最安価格: ¥4,799 夢をあきらめきれずにもがき続ける一人の女と一人の男ー彼らの挑戦と葛藤を描いたヒューマンコメディ。出演:麻生久美子

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi