冠二郎×palet、演歌とアイドル合体で新規ファン開拓に一案 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年4月26日 > 冠二郎×palet、演歌とアイドル合体で新規ファン開拓に一案
メニュー

冠二郎×palet、演歌とアイドル合体で新規ファン開拓に一案

2014年4月26日 15:00

合同イベントを行った冠二郎と 新人アイドルユニット・palet

合同イベントを行った冠二郎と
新人アイドルユニット・palet
(C)文化通信
[拡大画像]

[映画.com ニュース] キャリア47年のベテラン演歌歌手・冠二郎と新人アイドルユニット・paletの合同イベントが関心を集めた。4月24日、東京・池袋サンシャインシティ噴水広場で異色コラボ。双方のファン約2000人がお気に入りを応援するとともに、ふだん触れない音楽にも新鮮に聴き入った。

ともにレコード会社・日本コロムビアに所属。冠が78枚目シングル「望郷エトランゼ」を、paletがメジャー2ndシングル「Keep on Lovin’You」を、ともに4月23日にリリースしたことから実現。レーベルメイトとして、音楽ジャンルや最大49歳差を越えた。冠は「音楽に年齢も国境もない」と手応えを語った。

paletが新曲などで6人息のあったパフォーマンスで沸かせれば、冠はアイドルの聖地でも臆さず自慢の歌声で魅了。さらに、1日限定ユニット“二郎とぱれっと”を結成。冠の代表曲「炎」をコラボ歌唱して「セイヤー!」で会場が一体。逆にpaletが新曲の振り付けを冠に教え一緒に踊った。

前日65歳の誕生日を迎えた冠。アイドル風の自己紹介もこなすなどノリノリで「こんなこと夢にも思っていなかった。感無量」と満面の笑み。若いパワーをくれたかわいい後輩たちに「歌唱力もあるし、楽曲もいい」と太鼓判を押した。

paletは、冠を兄貴と慕うまでに。「祖母や祖父が大好きでサインをもらった。『セイヤー!』を円陣組むときに使わせていただきたい。二郎とぱれっとで紅白に出たい」とはしゃいだ。キャプテン・藤本結衣は「たくさん学ぶことができ、貴重な一日になった」と大先輩に感謝。目標の週間5位以内に向け弾みをつけた。

CDセールスが伸び悩む音楽界。特に演歌は若い層への浸透が長年の課題。一方、人気のアイドルもグループが乱立し新規ファン開拓が難しくなってきている。そうしたなかでイベントが一案を示した。冠とpaletは、握手会も合同で行い、新たなファンの芽をつかんだようだ。(映画.com×文化通信.com)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi