永瀬正敏、自身の特集上映で俳優生活31年目の新たな決意 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年4月26日 > 永瀬正敏、自身の特集上映で俳優生活31年目の新たな決意
メニュー

永瀬正敏、自身の特集上映で俳優生活31年目の新たな決意

2014年4月26日 22:28

トークショーを行った永瀬正敏「贅沢な骨」

トークショーを行った永瀬正敏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優・永瀬正敏が4月26日、自身の特集上映「COURSE OF LIFE 永瀬正敏特集」が開幕した東京・シネマート六本木でトークショーを行った。

昨年12月から今年1月に故郷・宮崎で開催された「Masatoshi Nagase film festival in Miyazaki」で上映された短編などをセレクト。加えて、今年1月の永瀬の写真展で行われたドラマーの中村達也、イラストレーターの黒田征太郎とのコラボレーション・イベントの模様を永瀬自らが編集した「路地裏の足音」が初披露された。

同作はこの日昼過ぎまで編集作業をしていたそうで、劇場に納品されたのが午後3時。「いつか作品として見てほしいと話していて、今回ふと思いついた。2人とも本物なので、本当にすごい。ただ80分くらいあって、どこを切っていいか分からない。そこに一番時間がかかった。間に合って良かった」と安どの表情だ。

ほかにも、「人生で2度しかない」という珍しい女装姿が見られる短編「CANDY」(1987)や林海象監督による「乙女の祈り」(1997)など、VHSのビデオテープでしか残っていない貴重な映像ばかり。出演作では1995年「BeRLiN」、2001年「贅沢な骨」、04年「ラブドガン」の出演作3本が35ミリのフィルムで上映され、「素晴らしいラインナップ。懐かしいですね」と満足げだった。

贅沢な骨」では、行定勲監督が手刷りの台本を持って出演を依頼されたそうで、「熱意がすごくて、やりましょうということになった」というエピソードを披露。「ラブドガン」で共演した宮崎あおいとは、先日会った際に「年を聞いたら27歳って言うから、えっ、まだ27なの。当時は10代だったから、そうかあ、いいなあと思いましたね」と感慨深げに話した。

昨年は俳優デビュー30周年の節目。今年は「まほろ駅前協奏曲」が10月18日公開が決定。台湾で大ヒットした「KANO」も日本配給が決まった。さらには、ギレルモ・アリアガが提唱し、エミール・クストリッツァアモス・ギタイらが参加するオムニバス「Words of Gods」の中田秀夫監督作品にも出演しており、映画俳優として真価を発揮する年になりそう。永瀬は、「僕が唯一自慢できるのが出会い。それには感謝ですし、これからもそういう出会いがあればうれしいし、今までに出会った人と再びご一緒する幸せを感じていきたい」と意欲を燃やしていた。

なお、「COURSE OF LIFE 永瀬正敏特集」は、「アクターズ・ファイル 永瀬正敏」(キネマ旬報刊)の発売記念として、来月2日まで開催。

さくらん[DVD] さくらん[DVD] 最安価格: ¥2,057 男女の愛憎渦巻く吉原遊郭を舞台に、爽快に豪快に駆け抜ける極彩色エンタテインメント!出演:永瀬正敏
息子[DVD] 息子[DVD] 最安価格: ¥1,990 妻に先立たれ、ひとりで岩手に暮らす父親と、定職につかずアルバイトで気ままに暮らす息子の二人を描いた家族ドラマ。三國連太郎、永瀬正敏ほか出演。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi