ハリウッド映画界における女性脚本家の割合が減少 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年4月22日 > ハリウッド映画界における女性脚本家の割合が減少
メニュー

ハリウッド映画界における女性脚本家の割合が減少

2014年4月22日 08:10

[映画.com ニュース] ハリウッド映画界における女性脚本家の割合が減少していると、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

米脚本家組合西支部の調査によれば、2012年に雇用された脚本家のうち女性の占める割合は3分の1で、映画部門に至ってはわずか15%。09年の17%よりも減少しているという。男女間での給与格差も広がっており、男性脚本家1ドル対比で、女性脚本家は77セントとなっている(09年には男性脚本家1ドルに対し、女性脚本家は82セントだった)。

なお、人種構成に関しては、映画台本を執筆する脚本家のうち、白人以外のいわゆるマイノリティーはわずか5%しかなく、09年から変わっていない。テレビドラマでは多少の改善が見られるものの、映画脚本家は依然として白人男性が圧倒的な数的優位を保っていることが明らかになった。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi