新生「聖闘士星矢」の主題歌「Hero」はYOSHIKI書き下ろし : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年4月20日 > 新生「聖闘士星矢」の主題歌「Hero」はYOSHIKI書き下ろし
メニュー

新生「聖闘士星矢」の主題歌「Hero」はYOSHIKI書き下ろし

2014年4月20日 15:30

日本が世界に誇るコンテンツ&ミュージシャンがコラボ!!「聖闘士星矢」

日本が世界に誇るコンテンツ&ミュージシャンがコラボ!!
(C)2014 車田正美/「聖闘士星矢
LEGEND of SANCTUARY」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ロックバンド「X JAPAN」のリーダーYOSHIKIが、車田正美氏の人気漫画をアニメーション映画化する「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」の主題歌「Hero(Yoshiki Classical Version)」を書き下ろしたことが発表された。世界中から熱い注目を集めるコンテンツとアーティストのコラボレーションの実現に、アニメが大好きだというYOSHIKIは「とても光栄です。自分で言うのも何ですけど、ヒーローをモチーフに、とてもきれいなメロディーというか、心にグサッとくる曲を書かせていただきました」と語った。

楽曲を作詞作曲する前に映画を鑑賞したYOSHIKIは「すごく壮大なスケール感が出ていました」といい、「どういう曲を合わせればいいのかなってすごく悩みましたが、あえて激しい曲というよりもバラード調の曲を書きました。『聖闘士星矢』の素晴らしいスケール感にマッチすると思っています」と語る。4月25日にスタートする自身初のソロワールドツアー「YOSHIKI CLASSICAL WORLD TOUR 2014」でも同曲を披露するという。

映画の主題歌として使用されるのは、YOSHIKIがピアノ演奏を担当し、自ら率いる音楽ユニット「VIOLET UK」の女性ボーカリスト、ケイティ・フィッツジェラルドが歌唱した“Classical Version”。楽曲は現在、YouTube(http://youtu.be/fXzcD0RyY10)で視聴可能できる。

原作漫画は1985年から90年に「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載され、テレビアニメは世界80カ国以上で放映された人気コンテンツ。今回は「車田正美・熱血画道40周年記念映画」と銘打ち、原作の中でも人気のエピソード「聖域十二宮編」を車田氏の製作総指揮で映画化する。すでにブラジルをはじめ、中南米各国での公開が決定しているほか、ヨーロッパ、アジアからも続々とオファーが届いているといい、公開に向けて調整が進められている。

主人公のペガサス星矢たち5人の青銅聖闘士(ブロンズセイント)が、命を狙われた女神アテナの化身である城戸沙織を守るため、聖闘士たちの中でも最強を誇る黄金聖闘士(ゴールドセイント)を相手に死闘を繰り広げる。テレビアニメ「TIGER & BUNNY」などを手がけたさとうけいいちが監督を務め、石川界人赤羽根健治小野賢章岡本信彦野島健児、「ももいろクローバーZ」佐々木彩夏らが出演する。

聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」は、6月21日から公開。

聖闘士星矢 Blu-ray BOX II[Blu-ray/ブルーレイ] 聖闘士星矢 Blu-ray BOX II[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥26,725 車田正美原作、1986年10月~1989年4月までに全114話が放映され一大ムーブメントを巻き起こし、80年代後半を代表する人気作となったTVシリーズ『聖闘士星矢』。
聖闘士星矢 Blu-ray BOX I[Blu-ray/ブルーレイ] 聖闘士星矢 Blu-ray BOX I[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥29,206 車田正美原作、1986年10月~1989年4月までに全114話が放映され一大ムーブメントを巻き起こし、80年代後半を代表する人気作となったTVシリーズ『聖闘士星矢』。劇場版『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』公開記念として、熱血画道40周年を迎えた本作が初Blu-ray化!前半の第1話~第55話を収録した第1巻。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi