前作に続き家族がテーマ「ある過去の行方」アスガー・ファルハディ監督に聞く : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年4月18日 > 前作に続き家族がテーマ「ある過去の行方」アスガー・ファルハディ監督に聞く
メニュー

前作に続き家族がテーマ「ある過去の行方」アスガー・ファルハディ監督に聞く

2014年4月18日 13:00

新作を語ったアスガー・ファルハディ監督「ある過去の行方」

新作を語ったアスガー・ファルハディ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]前作「別離」で米アカデミー賞外国語映画賞、ベルリン国際映画祭金熊賞に輝いた、イランを代表するアスガー・ファルハディ監督。その彼が初めて、国外で映画を撮る場所として選んだのがパリだった。4月19日に公開する新作「ある過去の行方」は、離婚を成立させるためイランからパリに戻った元夫と、今は新しい恋人と子どもたちとともに暮らす元妻が、「ある秘密」を知ったことによって複雑な状況へ追い込まれる、やるせなくも胸を突く物語だ。前作に続き家族をテーマにメガホンをとった監督に話を聞いた。(佐藤久理子)

——この映画の主人公は、過去に囚われて幸せを諦めるか、あるいは罪悪感に駆られながらも過去を忘れ明るい未来を掴むのか、とても難しい立場に立たされます。観客にも同じことを問いかけたかったのでしょうか。

「どちらの選択がいい悪いという問題ではありません。ただ今日の複雑な社会や人間関係が、こうしたジレンマをより困難なものにさせていると思います。社会はつねに進歩し、前進していくために、わたしたちは過去をおざなりにしがちです。でも現在は過去に起きたことの必然の結果でもある。過去にちゃんと向き合わない限り、明るい未来は訪れないのではないでしょうか」

——パリの郊外に住む家族のリアリスティックな日常がよくとらえられていますが、はじめて文化の異なる外国で撮ることにどんな影響を受けましたか。

「脚本を書くのにとても時間が掛かりました。キャラクターたちをリアルにしたいと思ったからです。とくにヒロインのマリー=アンヌは、ある意味フランス人らしさを出したいと思いました。思ったことを言葉にする、はっきりと主張するといった面です。でもその一方で、カリカチュアには陥りたくはありませんでした。さらにわたしはこの映画で、国民性の違いよりも人間的な共通点に焦点を当てたかった。わたしの脚本の構造はA地点に始まり、B地点で終わるというものではありません。途中何度もスパイラルを繰り返し、中心で終わるのです」

——マリー=アンヌ役には当初マリオン・コティヤールの名前も挙っていたそうですが、ベレニス・ベジョを配役した決め手は何でしたか。

「わたしが俳優に求めるものは、繊細さとインテリジェンス、そして映画をけん引するための人を引きつけるエネルギーです。「アーティスト」の彼女を見て、すぐにそれを持った女優だと思いました。そして本人自身も、とても地に足の付いた魅力的な人でした。自分自身とは異なるマリー=アンヌの不安定さをよく表現してくれたと思います」

別離[DVD] 別離[DVD] 最安価格: ¥2,052 第61回ベルリン国際映画祭で金熊賞、銀熊賞を受賞。新鋭アスガー・ファルハディ監督の長編第5作目となる人間ドラマ最高傑作。
彼女が消えた浜辺[DVD] 彼女が消えた浜辺[DVD] 最安価格: - ベルリン国際映画祭最優秀銀熊賞(監督賞)受賞作。監督:アスガー・ファルハディ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi