ローランド・エメリッヒ新作はゲイ権利活動の転換点“ストーンウォールの反乱” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年4月14日 > ローランド・エメリッヒ新作はゲイ権利活動の転換点“ストーンウォールの反乱”
メニュー

ローランド・エメリッヒ新作はゲイ権利活動の転換点“ストーンウォールの反乱”

2014年4月14日 16:20

エメリッヒ監督はオープンゲイ 写真提供:アマナイメージズ「インデペンデンス・デイ」

エメリッヒ監督はオープンゲイ
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ディザスター映画の巨匠ローランド・エメリッヒ監督の次回作が、米国における同性愛者の権利運動の転換点として知られる“ストーンウォールの反乱”を題材にした「ストーンウォール(Stonewall)」であることが分かった。主演俳優には、「戦火の馬」で脚光を浴びた英国の新鋭ジェレミー・アーバインが起用された。

ストーンウォールの反乱は1969年6月28日夜、米ニューヨークにあるゲイバー「ストーンウォール・イン」で行われた警察の手入れに対し、その場に居合わせた同性愛者たちが反抗し暴動に発展した事件。最終的に2000人以上の同性愛者と400人の警官が衝突したと言われており、10数人の逮捕者と多数の負傷者が出た。その後も数日にわたり、店の近辺で同性愛者と警察の小競り合いが続いた。この事件をきっかけに、米国における同性愛をめぐる権利活動や差別撤廃運動は加速。事件後1年を記念して全米各地で行われたデモ行進は現在、東京をはじめ世界各地で毎年開催されている「プライドパレード」へと発展している。

メガホンをとるエメリッヒ監督と脚本を担当するジョン・ロビン・ベイツ(「ブラザーズ&シスターズ」のクリエイター)はゲイであることを公表しており、エメリッヒ監督はLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)の権利活動を支援していることでも知られる。主演のアーバインは、劇中で暴動を通して政治的な活動に目覚めていく青年を演じる。

インデペンデンス・デイ」や「デイ・アフター・トゥモロー」などディザスター映画の印象が強いエメリッヒ監督だが、11年にはウィリアム・シェイクスピアの作品は別人が執筆していたという“シェイクスピア別人説”を題材にした歴史ドラマ「もうひとりのシェイクスピア」を監督している。

アーバインがコリン・ファースニコール・キッドマン真田広之らと共演した「レイルウェイ 運命の旅路」は4月19日に公開。エメリッヒ監督がメガホンをとる「インデペンデンス・デイ2(仮題)」は、16年7月1日に全米公開予定。

ホワイトハウス・ダウン[Blu-ray/ブルーレイ] ホワイトハウス・ダウン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 ローランド・エメリッヒ監督が放つ気分爽快・破壊アクション!
もうひとりのシェイクスピア[Blu-ray/ブルーレイ] もうひとりのシェイクスピア[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,500 巨匠ローランド・エメリッヒ監督が、エリザベス王朝の愛と陰謀が交錯する文学史上最大の謎。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi