宮沢りえ、ドラマ版「グーグーだって猫である」主演!犬童監督が再びメガホン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年4月14日 > 宮沢りえ、ドラマ版「グーグーだって猫である」主演!犬童監督が再びメガホン
メニュー

宮沢りえ、ドラマ版「グーグーだって猫である」主演!犬童監督が再びメガホン

2014年4月14日 08:00

ドラマ「グーグーだって猫である」 に主演する宮沢りえ「グーグーだって猫である」

ドラマ「グーグーだって猫である」
に主演する宮沢りえ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 犬童一心監督が2008年に映画化した「グーグーだって猫である」をWOWOWがドラマ化することになり、宮沢りえが主人公・小島麻子を演じることが明らかになった。映画版に続き犬童監督がメガホンをとり、大島弓子氏の自伝的コミックエッセイの世界観を踏襲しながら、オリジナルストーリーとして再構築する。

飼い猫とのいとしい日々を描いた「グーグーだって猫である」は、08年に小泉今日子主演で映画化。高田亮が手がけたドラマ版は、人気少女漫画家の麻子は愛猫サバを亡くしたショックで漫画が描けなくなり、食事ものどを通らなくなる。担当編集者の勧めで一軒家に引っ越したある日、井の頭公園で病気の子猫を連れたホームレスと出会う。何度か顔を合わせるうちに子猫の病気を治してあげたいと思った麻子は、無断で子猫を病院へ連れて行くというストーリーだ。

宮沢は、犬童監督と仕事をしたいと思っていたそうで「映画版の『グーグー』も見ていましたが、映画で撮られたものをもう一度ドラマで撮られるというのは、すごいエネルギーだなあと。普通新しいものをどんどん作っていくのに、あえてもう一度取り組むというところにどんな意味があるのか、興味があった」という。脚本についても、「ひとつひとつの言葉に温度があってすっと心に溶けていくので、読んでいて疑問に思うことがほとんどありませんでした。掘り下げがいがある、とても素敵な脚本だと思いました」と話している。

一方の犬童監督は、初タッグとなる宮沢の演技を見て「驚き楽しみ感動しています。彼女の演技にはいつもしっかりアイデアがあり、誠実で、でもそれでいながらあけっぴろげで大胆です。見ていると心がいっぱい揺れてしまいます。そして、美しい。生涯そう出会うことのない息をのむ美しさだ」と大絶賛。さらに、「その日の撮影が終わった時、本当に嬉しそうで、その笑顔がまたいいんだなあ。それは仕事に真摯に取り組み、解放された者だけができる笑顔だ。お願いですから、もう一度僕の作品に出てください。早いか? まだ、この作品が完成していないのに」とラブコールをおくっている。

連続ドラマW「グーグーだって猫である」は、WOWOWで今秋放送。

グーグーだって猫である Blu-ray スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] グーグーだって猫である Blu-ray スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,231 幸せな感動が胸にあふれる猫ムービーの決定版!
あの頃映画 松竹DVDコレクション 阿修羅城の瞳[DVD] あの頃映画 松竹DVDコレクション 阿修羅城の瞳[DVD] 最安価格: ¥1,635 時は文化文政。活気溢れる江戸の町で人を喰らう鬼が存在した。そんな鬼を滅ぼすために組織された「鬼御門」。その副長を務めた“鬼殺し”の異名を持つ男と、恋をすると鬼になる女との哀しい恋。欲望渦巻く危険なラブアクション時代劇。出演:宮沢りえ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi