カンヌ、ベルリン、べネチアから選りすぐりの傑作を紹介「三大映画祭週間2014」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年4月13日 > カンヌ、ベルリン、べネチアから選りすぐりの傑作を紹介「三大映画祭週間2014」
メニュー

カンヌ、ベルリン、べネチアから選りすぐりの傑作を紹介「三大映画祭週間2014」

2014年4月13日 14:25

「ヴィクとフロ、熊に会う」の一場面「ヴィクとフロ、熊に会う」

「ヴィクとフロ、熊に会う」の一場面
[拡大画像]

[映画.com ニュース] カンヌ、ベルリン、べネチアという、世界最高峰の映画祭(三大映画祭)から選びぬかれた日本未公開作品を集めて公開する「三大映画祭週間2014」が、8月16日から開催されることが決定し、ラインナップが発表された。

2011年にスタートし、その後2012年と2年連続開催された本企画は、多くの映画ファンを集めて好評を博した。今年のラインナップは、昨年のベルリン映画祭でアルフレッド・バウアー賞受賞のカナダ映画「ヴィクとフロ、熊に会う」、アルジェリア系フランス人監督のラシッド・ブシャール監督作で、2009年ベルリン国際映画祭の男優賞を受賞した「ロンドン・リバー」、2011年カンヌ映画祭脚本賞のほか、アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされたイスラエル映画「フットノート」、2009年カンヌ映画祭の新人監督賞(カメラドール)を受賞した、アボリジニー出身の監督によるオーストラリア映画「サムソンとデリラ」、2012年べネチア映画祭で優秀女優賞を受賞した「フィル・ザ・ヴォイド」という国際色豊かな計5作を紹介する。

また、今年は「レトロスペクティブ・シリーズ」として、パトリス・ルコントホウ・シャオシェン、アンリ・ジョルジュ・クルーゾー、ルイス・ブニュエルアルフレッド・ヒッチコックといった名監督たちの旧作を日本で初めてHD上映するという企画もあり、映画ファンにはたまらないイベントとなりそうだ。

「三大映画祭週間2014」は、ヒューマントラストシネマ渋谷8月16日より9月5日まで、3週間限定開催。その後テアトル梅田ほか全国順次公開。

デイズ・オブ・グローリー[DVD] デイズ・オブ・グローリー[DVD] 最安価格: ¥4,395 歴史を基に描かれ、そして歴史を変えた、映画史に残る傑作戦争アクション!監督:ラシッド・ブシャール
スーサイド・ショップ スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] スーサイド・ショップ スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,352 フランスの巨匠パトリス・ルコント監督が贈る、“自殺”をブラックユーモアで吹き飛ばし、いのちの大切さと家族の愛を描いた感動作!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi