ダニエル・クレイグ、クランクイン直前の新作映画から離脱 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年4月10日 > ダニエル・クレイグ、クランクイン直前の新作映画から離脱
メニュー

ダニエル・クレイグ、クランクイン直前の新作映画から離脱

2014年4月10日 20:00

主演するはずだった法廷ドラマをドタキャン「イナフ」

主演するはずだった法廷ドラマをドタキャン
写真:Startraks/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 英俳優ダニエル・クレイグが、主演する予定だった新作映画「ザ・ホール・トゥルース(原題)」から突然離脱した。米ハリウッド・レポーター誌によれば、クレイグは4月14日に米ボストンでのクランクインを控えているなか、6日に降板したという。

イナフ」のニコラス・カザンが脚本を担当した法廷ドラマで、ある弁護士が裕福な父親を殺害した罪に問われたティーンエイジャーの無罪を勝ち取るために戦うというストーリー。クレイグは主人公の弁護士を演じるはずだった。降板の理由は明らかになっていないが、ボストン・グローブ紙はクレイグが3月中旬に役作りのため殺人事件の裁判を傍聴していたと報じており、つい最近になって心変わりしたとみている。

共演者には「シカゴ」のレニー・ゼルウィガーと「SUPER 8 スーパーエイト」のガブリエル・バッソが決定しており、ダニー・ヒューストンら出演の交渉中だった俳優たちは現在話し合いを棚上げにされているという。メガホンをとるコートニー・ハント監督やプロデューサーのリチャード・サックルらが代役探しを進めており、撮影開始は予定より3週間ほど遅れるようだ。日本ではギャガが同作の配給権を獲得しており、2015年に公開を予定している。

クレイグは4月7日(現地時間)、妻で女優のレイチェル・ワイズとともに、経済的に恵まれない若者たちの進学や就職を支援する団体「オポチュニティー・ネットワーク」がニューヨークで開催したパーティーに出席。ふたりそろってメディアの取材に応じていた。今回の降板によって、クレイグの次回作は10月頃にクランクイン予定の「007」シリーズ第24弾「ボンド24(仮題)」(15年11月6日全米公開)になる。

ミュンヘン[DVD] ミュンヘン[DVD] 最安価格: ¥933 スティーブン・スピルバーグ監督が歴史の裏側に隠された真実を暴く衝撃のサスペンス大作!出演:ダニエル・クレイグ
ドラゴン・タトゥーの女[DVD] ドラゴン・タトゥーの女[DVD] 最安価格: ¥1,000 2005年にスウェーデンで刊行され、瞬く間に世界的ベストセラーとなった人気謎解きミステリーを、『セブン』のデヴィッド・フィンチャー監督によって映像化!出演:ダニエル・クレイグ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi