“いま最も注目すべき日本の女性監督”坂本あゆみのデビュー作が劇場公開決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年4月8日 > “いま最も注目すべき日本の女性監督”坂本あゆみのデビュー作が劇場公開決定
メニュー

“いま最も注目すべき日本の女性監督”坂本あゆみのデビュー作が劇場公開決定

2014年4月8日 22:47

香港国際映画祭で受賞を喜ぶ(左から)坂本監督、 審査員のポン・ジュノ監督、梅野渚、谷中史幸プロデューサー「FORMA」

香港国際映画祭で受賞を喜ぶ(左から)坂本監督、
審査員のポン・ジュノ監督、梅野渚、谷中史幸プロデューサー
(C) kukuru inc.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「いま最も注目すべき日本の女性監督のひとり」として海外メディアから注目されている坂本あゆみの監督デビュー作「FORMA」が、8月16日から劇場公開されることが決定した。今年の第64回ベルリン国際映画祭フォーラム部門で国際批評家連盟(FIPRESCI)賞を受賞した注目作が、満を持して上映される。

本作はベルリンでの受賞に続き、4月5日に閉幕した第38回香港国際映画祭ではヤング・コンペティション部門のスペシャル・メンション賞に選ばれた。同映画祭は、中国語圏で最も規模が大きく、歴史ある映画祭として知られおり、現地を訪れた坂本監督、主演の梅野渚谷中史幸プロデューサーらは本作の上映会に出席し、閉会式では受賞の喜びを分かち合った。

初の長編監督作で世界にアピールした坂本監督は、塚本晋也監督の現場でスタッフとして経験を積み、その後は照明技師として技術を磨きながら、ミュージックビデオのほか、ライブやインスタレーションの映像の演出を手がけてきた。イランのアッバス・キアロスタミ監督ら多くの個性派監督を敬愛しているといい、本作は6年の歳月をかけて完成にこぎつけた。

かつて同級生だった綾子と由香里というふたりの女性に潜む憎しみと、憎しみの連鎖による悲劇を描くことで、人間の本質や心の闇に迫ったヒューマンサスペンス。世界初上映となった昨年の第26回東京国際映画祭では、主演を務めた松岡恵望子と梅野の好演も高く評価され、日本映画スプラッシュ部門の作品賞に輝いた。

FORMA」は、8月16日から東京・渋谷のユーロスペースほかで公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi