柳楽優弥、三島由紀夫原作の舞台「金閣寺」に意欲新た「僕の代表作にする」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年4月5日 > 柳楽優弥、三島由紀夫原作の舞台「金閣寺」に意欲新た「僕の代表作にする」
メニュー

柳楽優弥、三島由紀夫原作の舞台「金閣寺」に意欲新た「僕の代表作にする」

2014年4月5日 09:45

坊主頭で意気込みを見せた柳楽優弥「金閣寺」

坊主頭で意気込みを見せた柳楽優弥
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 三島由紀夫の不朽の名作を演出家・宮本亜門が舞台化した「金閣寺-The Temple of the Golden Pavilion-」の初日開幕直前会見とフォトコールが4月4日、東京・赤坂ACTシアターで行われ、宮本をはじめ主演の柳楽優弥、共演の水橋研ニ、水田航生市川由衣が出席した。

2011年に宮本がKAAT神奈川芸術劇場のこけら落し公演として創作した舞台を、キャストを一新して再演。生まれつきの吃音から周囲とうまくコミュニケーションがとれない孤独な主人公・溝口(柳楽)、下肢に障害を抱えながら不敵に溝口を挑発する柏木(水橋)、溝口の心の支えである同朋・鶴川(水田)の姿を通じ、若者が抱える苦悩や閉塞感を描く。

米ニューヨークのリンカーンセンター・フェスティバル2011でも絶賛され、全米批評家の注目を浴びた本作。宮本は、「およそ3時間あった前作を2時間半にした。前のバージョンとは違うし、ただカットしたのではなくエネルギーを凝縮。新しいキャストを迎えて怒とうの稽古を行った」とさらに磨きをかけた。

「海辺のカフカ」以来2度目の舞台挑戦となる柳楽は、京都の寺に入山し、徹底的な役作りを行った。「一緒に入山した人が本当に鶴川みたいだった。座禅も組んだりしたけれど、その人に会えたことが一番うれしく、その気持ちを水田君演じる鶴川に重ねることができた」といい、「稽古に入る前は吃音症を意識したけれど、それよりも溝口の感情を大事にしなければいけないと強く感じた」と内面から役に近づいた。頭髪も刈り上げ、妻の豊田エリーからは「『芝生みたい』と言われた。坊主にするとすごく楽なのでずっと坊主にしたいくらいだけど、『他の役できなくなるでしょ?』と言われた」と照れながら頭をかいていた。

数少ない女性出演者の市川も、「女性が出てくるシーンは短いけれど、ひとりひとりの生きざまや弱さをきちんと見せたい。亜門さんからたくさんのヒントをもらい、私なりにたくさん想像して、溝口の心に残る女性像を作ろうと思った」と力強く語った。

宮本は、「舞台がプロパガンダになると危険」と意識した上で、「『金閣寺』は戦前、戦中、戦後と日本の社会の転換期を描いた作品。時代と呼応する作品なので、今の時代だからこそ感じられるものがある。初演は東日本震災前だったけれど、震災後の今では意味合いも大きく変わってくる。今の時代を考えたい人、これからの日本を考えたい人に見てほしい。きっとそれは三島由紀夫もねらったこと」と熱を込めた。柳楽も、「亜門さんはすごく厳しい人」と過酷な稽古を振り返りながら、「僕の代表作にするという強い気持ちで明日から挑みたい」と意欲を新たにした。

「金閣寺-The Temple of the Golden Pavilion-」は4月5~19日、同シアターで公演される。

【初回限定生産】許されざる者 ブルーレイ&DVDセット 豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回限定生産】許されざる者 ブルーレイ&DVDセット 豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,683 1993年アカデミー最優秀作品賞等4部門を受賞したイーストウッド監督・主演作「許されざる者」が日本映画で生まれ変わる!出演:柳楽優弥
金閣寺-The Temple of the Golden Pavilion-[DVD] 金閣寺-The Temple of the Golden Pavilion-[DVD] 最安価格: ¥5,707 三島由紀夫原作の「金閣寺」を、森田剛(V6)主演、宮本亜門演出で舞台化!約3時間に及ぶ舞台を余す事なく収録!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi