ハリウッドへの挑戦状! ロシアが国を挙げて25年ぶりに製作するパニック大作予告 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年3月31日 > ハリウッドへの挑戦状! ロシアが国を挙げて25年ぶりに製作するパニック大作予告
メニュー

ハリウッドへの挑戦状! ロシアが国を挙げて25年ぶりに製作するパニック大作予告

2014年3月31日 11:00

「メトロ42」の一場面「メトロ42」

「メトロ42」の一場面
(C) LLC PRODUCTION COMPANY
OF IGOR TOLSTUNOV , 2012
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 近年「ナイト・ウォッチ」「オーガストウォーズ」などの娯楽大作で注目を集めるロシアの映画技術の集大成として、25年ぶりに製作したパニック映画「メトロ42」の予告編が公開された。

映画は複雑な地下鉄網が張りめぐらされ、さらにその下に冷戦時に掘られた7000近くの核シェルター用の地下壕で網の目のように覆われているという、モスクワの地下鉄が舞台。実際に地下壕は軍事機密として所在地などの詳細が明かされておらず、また現在モスクワでは道路工事ラッシュのため、ハリウッド作品にはないリアルな緊迫感が物語全編に漂う。

長年ドキュメンタリー分野で活躍してきたアントン・メゲルディチェフ監督がメガホンをとり、撮影には117メートルの長さに及ぶリアルサイズの地下鉄トンネルを建設し、そこに実際の車両4両を持ち込み破壊。地下壕の巨大セットでは、ロシア映画史上最大量の合計2000トンの水を注入しての浸水シーンを撮り上げた。また、パニックシーンのリアルさやスケール感だけでなく、複数の登場人物のドラマが織りなす群像劇を軸としており、観客は登場人物の心情に寄り添いながら息の詰まるようなパニック経験に引き込まれていく。

予告編では、登場人物たちの生活背景と、道路工事の振動の影響により地下水が漏れ始めているモスクワの地下を映した後、地下鉄・42号車運転手が前方から大量の水が押し寄せてくるのに気付き、急ブレーキを掛けるシーンに転換。車両が一気に濁流に飲まれ、阿鼻叫喚の様相を見せる車内の様子を大迫力で映し出し、今後の更なる展開を期待させるスリリングな仕上がりだ。

メトロ42」は5月17日からシネマカリテで公開。

ナイト・ウォッチ/ディレクターズ・カット[DVD] ナイト・ウォッチ/ディレクターズ・カット[DVD] 最安価格: ¥902 ロシアで社会現象を巻き起こした人気SFアクション3部作の第1章。特殊な能力を身に付けた人間“アザーズ”たちが、光と闇の勢力に別れ、戦いを繰り広げる。
オーガストウォーズ[DVD] オーガストウォーズ[DVD] 最安価格: ¥3,002 驚異のVFXと本物の戦争兵器が埋め尽くす、ロシア軍全面協力のもと実現した究極の戦争スペクタクル・エンターテインメント!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi