さだまさし原作「サクラサク」モントリオール世界映画祭に出品決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年3月27日 > さだまさし原作「サクラサク」モントリオール世界映画祭に出品決定
メニュー

さだまさし原作「サクラサク」モントリオール世界映画祭に出品決定

2014年3月27日 18:08

モントリオール世界映画祭への 出品が決定した「サクラサク」「サクラサク」

モントリオール世界映画祭への
出品が決定した「サクラサク」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] さだまさし氏の小説を映画化した「サクラサク」の完成報告会見が3月27日、都内で行われ、さだ氏をはじめ、緒形直人南果歩矢野聖人美山加恋藤竜也らキャスト陣と田中光敏監督が出席した。この日は、今作が8月末に開催されるモントリオール世界映画祭フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門に出品されることも発表された。

さだ氏は、完成した映画について「(緒形が演じた一家の)父がみんなの小さなとげを背負っていく旅。つらかったでしょう?」と緒形をねぎらった。緒形は、南の顔を見やり「妻の表情がつらかった」と苦笑い。さだ氏も、「映画を見ていて怖かった! この果歩さんが能面のような顔になるから。美人は愛想よくしてくれないと怖い」と激しく同意していた。

ロードムービーとして旅をともにしたことで、緒形と南も家族や夫婦のあり方について考えるところがあった様子。緒形は、父で俳優の故緒形拳さんの存在について「いろいろ思いました。子どもの頃は寂しい思いをしたな、とか。よく絵葉書が届きました」と亡き父に思いを馳せた。そして、夫婦円満の秘けつを「会話ですね。黙っていてもつながっているではなく、短くても感謝や挨拶が大事」と明かし、南も「夫婦は家族ではあるけれど、他人だということを忘れちゃいけない。感謝の気持ちを言葉や態度に出すだけで違う」と同調していた。

認知症の父を演じた藤は、「良い役をもらいました。楽しかったです」とニッコリ。さだ氏は「よく引き受けてくださいました。断られると思った」と語ったが、藤は「『やった』と思いました。これを待っていた」と充実した表情をのぞかせた。

さだ氏が実父との思い出をもとに描いた小説を、「精霊流し」のメガホンをとった経験のある田中監督が映画化。認知症を患った老いた父の記憶をたどる旅を通して、家族の再生を描く。「サクラサク」は4月5日から全国で公開。

アントキノイノチ DVDプレミアム・エディション[DVD] アントキノイノチ DVDプレミアム・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,847 岡田将生×榮倉奈々のダブル主演で、さだまさしの同名小説を映画化!
眉山-びざん-[DVD] 眉山-びざん-[DVD] 最安価格: ¥4,010 10万部を超えるベストセラーとなったさだまさしの小説『眉山』を、『黄色い涙』の犬童一心監督が映画化した感動ストーリー!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi